2011年04月22日

輪番休業 月3回

 全関東連の副会長会議において、東京電力管内の店舗について平日のうち「月3回以上」を店休日とする輪番休業を決め、今後、各県遊協の理事会を経て決議される見通しだそうです。



 期間は7月1日から9月30日までの3カ月間。

 東京電力管内ではない新潟県、長野県、静岡県の富士川以西が除外されるそうです。



一昔前のパチンコ店は、片休みとか言われたいたらしいですが、地域ルールで定期的に休業をしていたそうです。

 パチンコに限ったことではありませんが、年中無休、24時間営業が善い事だとされたのはいつの頃からでしょうか。



 海外では、先進国でも深夜に営業しているのは奇異に感じられるそうです。(国にもよりますがね)

 最近、夜の街を眺めるとずいぶん暗い感じがしますが、その分夜空が美しく感じられ、かえって落ち着いた気分になれます。

 夜空を眺めるのが好きな私にとってはうれしいことです。



 今回の事態を悪夢と見るか、チャンスと見るか、考え方はいろいろでしょう。


posted by 風営法担当 at 21:08 | TrackBack(0) | その他

2011年04月19日

ネットカフェ、個室で飲食提供し送検

営業許可を受けずにインターネットカフェに個室を作り、飲食物を提供していたとして摘発されたというニュースです。



http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110402ddlk27040397000c.html



区画席飲食店は風俗営業の一種ですが、せまい区画席を持った飲食店がこれにあたり、インターネットカフェにせまい空間をつくったので風俗営業の無許可営業になってしまったということです。



せまい空間と言っても、壁で囲い込む場合だけでなく、高さ100cm以上の仕切りで囲う場合も「区画」ということになります。



これは、客同士の目線を確保する意味があり、座った人同士の目線が確保できない場所では、性的なサービスやいかがわしい行為が行われやすいと言う発想から、このような設備基準が風営法施行規則に定められています。



風俗営業許可を取れば深夜営業ができないうえ年少者の立入りを拒絶しなければならないので、インターネットカフェは風営法の規制を免れるためギリギリのところで風俗営業にならないよう工夫されていますが、油断して設備基準を超えてしまうこともあるでしょう。



摘発された店の中には全国的にチェーン展開している店舗もありますが、大阪だけでなく他の地域にも影響が出るかもしれません。

既存の風俗店への取り締まりがある程度行き渡っていると思いますので、今後この分野へ注目される可能性を感じます。


posted by 風営法担当 at 09:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2011年04月18日

年少者の打ち子を入れてしまったホールは

高校生を雇ってスロットさせ3容疑者逮捕(神奈川県)



こんなニュースですが、もし年少者の打ち子だったとして、逮捕は結構な話ですが、警察からホール側の入場規制が甘かったというとらえ方をされる恐れが気になります。



年少者の立ち入り防止は完璧に行うことは無理なわけですが、それ相当の努力をしているということがポイントになりますから、日頃から年齢確認や締め出しを行い、マニュアルを整備したり、実施記録を残したりといった対策も重要でしょう。


posted by 風営法担当 at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類