2011年08月25日

大統領令

芸能界と暴力団との関係が話題になっていますが、今年になって暴力団排除条例の施行が目立っていますし、暴力団排除の情勢はますます強まっていくようです。


さらに7月25日には、オバマ大統領が「国際的組織犯罪に関する戦略」を発表したというニュースがありました。
米国にしてみれば、国際的非合法組織の押さえ込みは米国の国際的影響力を安定化するために必要な対応なのでしょう。
日本の暴力団も制裁対象となっているのだそうですが、暴力団と関係のある日本企業などにも金融面での制裁措置が取られるとのことです。


国内的な暴力団対策の問題から国際金融の問題になってしまったとするならば、状況は大きく転換したとも考えられます。
これまで何らかの関係を持っていた企業は、それを断ち切らないと大きなリスクを背負うことになりかねません。


もともと黒い噂があった企業であれば、関連を断ち切ったという印象を演出する必要も出てくるでしょう。
そういった一連の動きと、今回の島田紳助さんの記者会見とは、何らかの関係があるかどうかよくわかりませんが、すでに暴力団排除が国際金融とリンクした動きになってしまっているという視点は、ひとつ重要なポイントかと思います。

posted by 風営担当 at 11:10 | TrackBack(0) | その他

2011年08月21日

見通しが問題になるのは客室ですよ

解釈基準見直しに関するご相談の中で、客室内の見通しを妨げる設備の考え方として誤解されていることが多いので、少し解説します。
詳しくは、プレイグラフ10月号の「法務相談カルテ」で掲載する予定です。

「客室の内部に見通しを妨げる設備を儲けないこと」という規制は、文章を見てのとおり「客室の内部の見通し」に関するものですから、客室ではないところでは関係がありません。
ですので、「客室ではないならイーゼルやら旗やらが邪魔でも大丈夫ですよ。」と説明するのですが、その際に、「この場所は客室ですか?」と質問をされてしまうケースがしばしばあります。

店内のどこまでが客室なのかということは、私がお店の方に聞きたいことなのです。
なぜなら、公安委員会に提出してあるであろう図面に「客室の範囲」が示されていて、原則としてその図面に従って判断すべきですから、私が勝手に判断してよいことではないのです。

客室の範囲がどうなっているのかということは各店舗できちんと認識しておいていただかないと、いろいろ困ったことになりえます。
見通し問題とからめて、一度確認されておくことをおすすめします。
posted by 風営担当 at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2011年08月12日

そろそろ、風営法改正の可能性もあるかと思う

去る6月に公表された解釈基準見直しの文面では、来店ポイントについて業界独自のルール作りを強く求めています。
この部分は現行の風営法で規制を及ぼしにくいところです。

また、広告宣伝規制についても業界で自主規制をすすめるよう期待されているように思えます。
風営法はインターネット社会を想定した規制にはなっていない、といった制度上の問題点が目立ちやすい状況になっています。

法律で営業方法を線引きすることはとても難しいことだと思いますが、風営法自体の物足りなさというものを行政も感じているのではないかと思いますから、今回の一連の動きの中で、業界が効果的な自主規制を実行できない場合には、いっそのこと法律改正によって、さらに厳しく規制しようと言う話に至ってしまうかも知れません。

特に震災後、パチンコ業界の存在意義が問われやすくなっています。
規則、施行令、解釈基準の見直しは頻繁に行われてきましたが、そろそろ法律改正があってもおかしくないような気がします。
それは、パチンコ店営業の重要な部分に踏み込んだ改正になるかもしれません。
そのことによって、パチンコ業界の状況が様変わりするのではないかという想像は妄想なのかどうか。

業界が周りをキョロキョロ眺めながら、その場しのぎでなんとかしようとするならば、さらにキツイ規制が作られてしまうかもしれません。
最近のパチンコ業界の状況全般を眺めていて、フトそんなことを感じました。