2011年11月23日

まるで獣を罠にかけるようなものだ

最近、コンプライアンスのあり方について考える時間が長くなりました。
コンプライアンスのセミナーなどを担当するようになって、いつしか10年が過ぎました。
私のセミナーは実務家のためでなく、普通の人のためのセミナーなので、内部統制とか会社法とかの話ではなくて、「そもそも完璧な法令遵守は無理ですよ」という話からスタートします。

つまり、だからといって、「法を守らなくて良い」という意味ではないのです。
「法の奴隷にならないでください。」と言いたいのです。
「だってここに書いてあるだろ」とかいう理由で他人に強制しない方がよいですよ。
法の趣旨を考えて柔軟に解釈しましょう。あなたにもできますよ。
おおよそ、そういうことを言いたいのです。

鎌倉時代の執権に北条泰時という人がいて、武士の所領問題などを解決するための基準として「貞永式目(御成敗式目)」を定めました。
奈良時代に作られた律令(いわゆる法令)が当時の基準なのですが、武士社会の実情に当てはめにくい部分が多く、条文の意味もわかりにくいので、貴族にばかり有利に取り扱われ、武士にとってはありがたくないのが当時の律令の姿だったようです。
その打開策として制定された貞永式目の目的について、北条泰時は次のようなことを言ったそうです。

「田舎では律令の法に通じている者など万人に一人もいないのが実情である。それなのに律令の規定を適用して処罰するのは、まるで獣を罠にかけるようなものだ。」

今のどこかの業界にも通じるような気もします。
確かに、法令は複雑だし、監督官庁の役人やその分野の専門家でなければ意味がわからない法令はよくあります。
「これはムダだな」と思う規制や手続もあります。
もう少し、読む側の立場になって作ったらよいのにとも思います。

しかし。
だからといって、法令がわからなくてよいという時代ではありません。
行政だって、たしかに読みにくいところはあるけれど何度も通達を出しているし、事前に指導もしています。
学校では法律をほとんど教えていませんし、ちょっと法律を読んでみてもまぶたが重くなるでしょう。でも、理解しようと努力して理解できないものだとも思えません。

「まるで獣を罠にかけるようなものだ。」
たしかに、市民をひっかけるために法令をねじまげて解釈したり、一方的で不当な解釈で運用されていることもあります。おかしな法律もあるでしょう。
なるほど、ワナにかかった獣のような状態に陥っている人も、たまに見かけます。

しかし、律令の時代ほどには、現代の法律はわかりにくくはないでしょう。
さすがに現代ですから。
法律に文句を言いたい気持ちもわかりますけれど、全般的な傾向として、もう少し努力してから言っていただきたいなあと、結局最後はそんな話になってしまいました。
「難しいことをわかりやすく」が私のモットーなので、もっとー活用していただきたいです。

それと。
確かに風営法にはオカシな点があると思います。
もう少しスリムにならないと、運用の厳格化が進行しているなか、行政側も業界側も、負担がムダに大きくなっていく傾向を感じます。
いずれ、そういったことも話題になってくるのかもしれません。
posted by 風営法担当 at 19:49 | コンプライアンス総合

2011年11月22日

休憩コーナーの設備も高さ制限を守らなければなりませんか?  〜 客室の範囲についてご存じですか

こたえ (プレイグラフ2011年10月号「法務相談カルテ」にて)

 今年6月22日に警察庁保安課から、パチンコ営業所の構造及び設備に関して通知が出されていますが、その中では「客室の内部に見通しを妨げる設備を儲けないこと」という構造設備基準に関して新たな解釈が追加されています。
 その新解釈の内容はさておき、「見通しを妨げる設備を設けないこと」という規制は、営業所の中の「客室の内部」において適用される規制ですから、言い換えれば、「客室の内部」に当たらない場所であれば、たとえ営業所の内部であっても「見通しを妨げる設備を設けないこと」という規制は及ばない、ということになります。
 では、皆さんの営業所に置ける「客室の範囲」はどこまでであるか、おわかりでしょうか?
 パチンコ店が公安委員会から風俗営業許可を得る場合や、遊技機以外の構造設備の変更の承認を得る場合などには、客室の範囲を示す平面図が提出され、その内容が正しいことが店舗の実査の際に公安委員会によって確認されていますから、客室の範囲を確認したいときは、公安委員会に提出している最新の図面を見てご確認下さい。
 但し、許可申請時などに、客室の範囲が明らかにされた平面図が公安委員会に提出されていないケースが、過去のさかのぼるほど多く散見されます。通常は客室の範囲を赤色の線で囲み、その範囲の裏付けとなる測量数値と計算式が付記されているものですが、そのような表記が欠落しているケースもしばしばあります。提出された時期が古ければ古いほど、客室の範囲がわかりにくいケースが多くなりますが、そのような場合には、風営法の解釈に基づいて客室の範囲を想定するしかありません。
 パチンコ店における客室の定義については、警察庁が定める解釈基準等では触れられていませんが、<玉又はメダルの貸与>から<賞品交換>に至るまでの一連の遊技行為に必要な場所であると考えられます。つまり、島設備、賞品棚、賞品交換カウンターまでは遊技のために必要不可欠な部分なので「客室の内部」となりますが、倉庫、事務室など客が立ち入らない場所は客室にはあたりませんし、客が立ち入れる場所であっても、トイレ、風除室、休憩コーナーのように、パチンコ遊技のために必要だとは言えない空間は客室に含めないものと考えられます。
 しかし、遊技用の空間と休憩用の空間が一体化している場合などで、明確に分離したものとして解釈することが難しい場合には、構造設備の状況次第で柔軟に解釈することになります。
 また、地域によって解釈に若干の相違があります。賞品カウンターの天板上は賞品交換のために必要不可欠な部分ですが、カウンター上の全部を客室に含める場合もあれば、その中間線をもって線引きしている場合もあります。遊技島の配列と配列の間に使用されない空間がある場合に、その部分を客室から除外する場合もありますし、あまり厳密に解釈しない場合もあります。
 つまり、客室の範囲をどこまでとするかについて迷うケースがよくあり、行政書士などが警察担当者と相談しながら判断することもありますが、事業者の判断で、客室に含めた方が得なのかどうかを考えることになってしまうケースもあります。
 客室を広く確保しておけば、将来島設備の設置場所を拡大する際に、構造変更承認申請を得ないで済んでしまう可能性が高くなります。客室の範囲が変更される場合は構造変更承認が必要となりますが、客室内部での島設備の移動だけであれば変更届出だけで済んでしまう場合があるからです。
 しかし、客室の範囲を広くするということは、その内部の見通しを妨げる設備を設けてはならないという義務(構造設備維持義務)の及ぶ範囲が広くなりますので、見通しの確保のために配慮すべきポイントもそれに応じて多くなることになります。
 このように、客室をどこまでとするかという問題は、少々複雑な判断が必要となることがありますが、少なくとも現状においてどこからどこまでが客室として取り扱われることになるのかということは、店舗の責任者としてはきちんと理解しておいていただきたいと思います。

小峰望
posted by 風営法担当 at 00:00 | 法務相談カルテ

2011年11月21日

2011年秋〜指示処分状況について思うこと

都内では、地域によっては非常に高い確率での指示処分がでています。
あるエリアでは、この数ヶ月のうちにホールの半数以上が処分を受けています。
そのうちの大半が一物二価に関する処分だとのことです。

行政からは、「風営法を知らなさすぎる」というため息も漏れ聞いています。
地域によっていろいろですが、ホール営業全体を注意深くチェックする必要があります。
経営者や店長がコワモテのタイプだと、従業員がリスクに気がついても報告してくれないことがあります。
うっかりミスの話もよく聞きます。
これからあわただしい時期だけに、ささいなミスが発生しないようご注意ください。

遊技機の取り扱いは特にご注意ください。
年に何度か、承認申請中の台を承認前にうっかり稼働させてしまい処分を受けるケースを聞きます。
笑い事でなく、どこのホールでもありうるのだとお考え頂きたいです。
重要な作業は複数人で確認できる体制が望ましいです。

「無知の知」(自分は何かに気がついていないかもしれない。)

そういう感覚を念頭に置きながらやっていくのが責任者の宿命なのだと思います。

posted by 風営法担当 at 14:15 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場