2013年03月28日

古代のNGワード!? 幻の毛の国とは

(法務コンシェルジュメールマガジン2012年11月14日号掲載)

通勤の途中で見かける小さいスナックがありまして、店名が「下野」とあります。
栃木県出身の人が経営しているのかな・・・と想像してしまうのは、「下野」は栃木県の古い国名だからです。

律令体制における栃木県は「下野」と表記し、「しもつけ」と読まれましたが、この国名の由来は「下の毛」にあります。しかし、別にひわいな話ではありません。

まだ古墳が作られていた時代のことですが、現在の群馬県と栃木県あたりには「毛」と呼ばれる国がありました。
このあたりには大型の古墳群がいくつかあって、大和朝廷と肩を並べる強大な王権があったと想像されます。

「毛」なんて国は歴史のどこにも出てこない?
いやいや。記紀の中では「上毛野田道(かみつけのたぢ)」や「上毛野形名(かみつけのかたな)」などの武将が蝦夷討伐で活躍していますし、文武天皇の時代に律令編纂に関わった下毛野古麻呂の記録もあります。
これら「毛氏(けのうじ)」は毛の国の王族の地を引く人たちで、大和朝廷における有力貴族でもありました。
「毛」という字からは、体毛が濃かったかもしれない東国の蝦夷の地を引いた部族がイメージされますが、実際のところよくわかりません。

鬼怒川という川がありますが、かつては北関東の水を集めて霞ヶ浦方面にそそぐ大河でした。
もともとは「毛の川(ケノカワ)」と呼ばれていたのが「キヌガワ」になまったものとも言われています。

古来より、中央に近い方を「上(かみ)」、遠い方を「下(しも)」と言います。
毛の国のうち、畿内に近い群馬県側を「上つ毛の国(かみつけのくに)、遠い栃木県側を「下つ毛の国(しもつけのくに)」と言いました。

ですので、もともとの国名表記は「上毛国」「下毛国」でした。
しかし、古代においてもこの言葉の表記は微妙だったようです。
現代人でも頭髪のことを「髪(かみのけ)」と言いますが、これは本来「上の毛」であります。
では「下の毛」が何を意味するか、おわかりですよね。

要するに「下毛国」という表記は当時でもNGワードだったということで、和銅6年(713年)に発せられた勅令「諸国郡郷名著好字令」によって「毛」の字は野原を意味する「野」に変えられてしまい、「上野国」「下野国」となりましたが、「かみつけ」「しもつけ」という読み方だけが残りました。

NGワードゆえに歴史から消された「毛の国」ではありますが、両毛線という鉄道がありますし、上越新幹線では上毛高原駅があります。
今でも「毛の国」の痕跡は残っているのです。

posted by 風営担当 at 00:00 | 歴史チャンネル

2013年03月22日

景品表示法とはどんな法律ですか?

こたえ (プレイグラフ2012年7月号「法務相談カルテ」にて)

A,携帯電話でゲームができる、いわゆるソーシャルゲームが流行っていますが、一部のゲーム手法が景品表示法に違反するのではないかということが最近、メディア等で話題になっていました。
 世の中全般において営業形態がより複雑化してゆくなかで、景品表示法を適用する際の解釈について悩んでしまうケースが増えているようです。

 景品表示法は、事業者が景品類や表示によって不当に顧客を誘引する行為を規制する法律で、正式には「不当景品類及び不当表示防止法」という名称です。
 もともとは公正取引委員会が所管する法令でしたが、2009年9月をもって消費者庁の管轄へと移行しました。

 景品表示法はホール営業にも関係する場合がありますが、風営法と景品表示法とでは規制の趣旨が異なるので、二つの法律を組み合わせてホール営業の実情に当てはめることは容易ではありません。

 景品表示法の規制は主に「表示に関する規制」と「景品類の渡し方に関する規制」に分けられます。
 表示に関する規制は主に、消費者を誤認させることを防止することを目的としています。

 誤認とは、実際よりも優良又は有利であると消費者が思い込んでしまうようなことを意味します。
 ホール営業の場合で言えば、「いかにも多くの出玉が獲得できるかのような宣伝をしていながら実際にはそうではなかった。」といったようなケースが思い浮かびます。こういった行為は景品表示法に違反しますが、それ以前に、射幸心を著しくそそる宣伝をしているという点では風営法の広告宣伝規制にも違反していますので、景品表示法の違反として意識されることはあまりないようです。

 一方では、景品類(玉・メダルと交換する「賞品」ではなく。)の取り扱いがホール業界で気になる問題になっており、景品表示法は無視できない存在です。ホール営業に関連しそうな景品表示法の制限については以下のとおりです。

 つまり、来店客に提供できる景品類の価格は取引価格の20%が限度となります。
 客が1000円の商品(貸し玉)を購入してくれれば1000円が取引価格となります。
 しかし、パチンコ店では購入を条件として景品類を提供することが風営法に抵触しますので、客に景品類を提供する場合には、来店者に等しく景品類を提供することが前提となります。

 購入が条件とされていない場合は価格がわかりませんので、とりあえず1回の来店について「100円」として計算されています。 
 来店ポイントを累積することは可能ですが、もし10回の来店があったとすると、取引価格(景品表示法における)は100円×10回 であり、取引価格の累積は1000円です。
 
 これに対して20%に相当する額を景品類の価格の限度とするということなので、10回の来店に対して200円以下の景品類を提供できることになります。ただし、取引価格の20%に相当する額が200円未満である場合には、1個200円の景品類を提供することができることになります。

 これは、200円以下の小額の景品類だけを事業者に用意させることは現実には困難であろう、という配慮によるのではないかと思います。
 つまり、この計算では1回でも5回でも10回でも、提供できる価格の上限は同じになってしまいます。

 このような解釈がそのままホール営業に当てはめられるかどうかは若干疑問が残りますが、景品提供に対してこのような規制があることを知っておくことは重要です。
  詳細は消費庁のホームページ等でご覧になれますので、ご興味がありましたらご覧ください。
posted by 風営担当 at 00:00 | 法務相談カルテ

2013年03月18日

実は私、ゲスでした

(法務コンシェルジュメールマガジン2012年10月24日掲載)


職場において、自分よりも上位の役職にある人のことを「上司」と言います。
上司の反対語はなんでしょう。
字から想像すると「下司」となるでしょう。「上」と「下」を入替えただけですね。

さて、「下司」はどのように発音するか。
「下司」を姓にしている人は意外と多いのですが、「かし」さんとか「しもし」さんとかいう読み方があるようです。
この姓を持つ方々のご先祖は中世の地方豪族だったかもしれません。
「上司」の反対語としての「下司」は、古来から「ゲス」と読まれてきました。

「ゲス」という言葉は、現代ではとてもひどい悪口として使われています。
「このゲス!」なんて言われたらケンカになりますね。
しかし、「ゲス」の由来は中世の下級役人を意味する「下司」だという話があります。

中世の日本において上級の役人は貴族階級であり、もっぱら京の都に住んでおりましたが、地方の行政事務は地方の有力者から選ばれた役人に管理させていました。
それら下級役人の職務のことを「下司(げす)」と言いました。
もともと「上司」「中司」「下司」は律令制における役職を示す用語だったわけです。

下級役人とは言え地方の名士ですから、当時の庶民からみれば「偉い人」のはずですが、中央にいる貴族階級からすれば「身分が低い人」だと言われます。貴族が日頃接することのできる地方民は「下司」に限られたでしょう。
なので、身分の低い人をさげすむ言葉として「たかが下司(げす)の分際で・・・」という言われ方もあったでしょう。

これが現代に至っても「下司の勘繰り」などと言って、「品性が卑しい人ならではの邪推」という意味で使われたりします。
最近、政治家が週刊誌とケンカすることが多いですが、「どうせ選挙のためだろう。」などとマスコミから言われるのは、政治家にしてみれば「下司の勘繰り」となるかもしれず。

しかし、下司は本来悪い意味の言葉ではありません。
現代でも「上司」という言葉は法律用語として残っているし、一般的にも使われていますが、「下司」は見あたりません。
部下が失敗をしたときに「このたび私のゲスがとんだご迷惑を・・・」とは言いません。
そういえば私もかつては下級の公務員でした。つまり、元ゲスということです。
だからと言って、役所の人に向かって「このゲスめ!」なんて言わないでくださいね。


posted by 風営担当 at 00:00 | 歴史チャンネル