2013年06月10日

一般飲食店に対する客引きの規制

風営法では風俗営業者のほか、店舗型性風俗特殊営業や深夜の飲食店営業などによる客引き行為を禁止しています。

一般的に風営法と縁が無いと思われている普通の飲食店であっても、深夜0時以降に客引きを行えば風営法違反となります。

言い換えれば、深夜0時より前の時間帯であれば、居酒屋やカラオケ店などが客引きをしたとしても風営法違反には問われないことになります。

また迷惑防止条例においても不当な客引きが禁止されていますが、こちらも売春などの性的サービスに類似する営業による客引きを規制しているものの、それ以外の客紀を規制するには物足りない内容です。

さて、新宿区では「(仮称)新宿区公共の場所における客引き行為等の防止に関する条例の骨子(案)」についてパブリックコメントが募集されていましたが、その後区議会に条例案として提出される運びのようです。

これまで法令の及ばなかった一般飲食店が規制の対象となるかもしれません。
この違反行為に対して罰則はありませんが、行政庁が中止を指導できる内容になるようです。
罰則がなくとも違法は違法です。
大手チェーンにとっては「罰則がないから大丈夫」というわけにも行きません。

たしかに巷の客引きには、ときに目に余るものがあります。
商売熱心なのは結構ですが、そろそろこういった行為も法の規制が必要になるのでしょうか。


http://www.city.shinjuku.lg.jp/anzen/kikikanri01_001042_01.html


posted by 風営法担当 at 14:56 | 飲食店業界

2013年06月05日

海外市場で売ってみたいもの募集中

 のぞみ総研では、海外への市場開拓を支援するという事業も行っています。

 これまでは、お客様からのご要望を受けて、お話を伺いつつ内容をある程度具体化させてから、その都度マッチングや、進出の支援などの業務を行ってきました。

 お客様からは、着実な進捗が見込めるとのことで、とても好評をいただいています。

しかし、事業をすすめているうちに、日本という国の信頼度や、日本製品の持っている高品質への海外からの評価は、私たち自身が考える以上に大きいということを日々感じるようになってきました。

  日本の商品をもっと紹介してほしい!

  日本の企業をもっと紹介してほしい!

  日本の技術をもっと紹介してほしい!

  日本のサービスをもっと紹介してほしい!

  日本のノウハウをもっと紹介してほしい!

 海外からのこういった声に応えて、お互いに発展していくためには当社にももっと情報の蓄積が必要です。

 そこで、のぞみ総研が「御社が海外に売ってみたい商品や、展開したい技術」をお預りして海外の日本への期待に応えていこうと考えました。

 ご連絡のうえ、当社指定の用紙にご記入いただければ、基本的に無料でお預りします。

 御社に興味を持つ企業が現れた場合に限って、有料でその後の対応をさせていただきたいと考えています。
 「無料」ですので、ぜひお気軽にご連絡ください。

 もっと積極的に海外を攻めてみたいという会社様も、もちろんご相談に応じますので、そちらのほうもお気軽にどうぞ。

 お問い合わせは、メール、電話、FAX等にてお気軽にご連絡ください。


 お申し込みシートはこちらからダウンロードできます。
    ↓ ↓ ↓   
  http://nozomi-soken.jp/souko/support.pdf



posted by 風営法担当 at 18:10 | のぞみ合同事務所について

2013年06月04日

もっとチャンスを〜風営法の研修について思う

風営法の研修をしましょうと言うと、「では店長を呼びましょう。」となります。
でも店長さんは忙しいので、研修に出たいと言う顔ではありません。

私としては誰でもいいから「法律に興味がありそうな人」を呼んでほしいのです。
忙しいところを無理して勉強しても身に付かないでしょう。

なのに、一般的には法律的な問題は全部「店長任せ」ということになりがちです。
たしかに風営法の管理者も、店舗を統括する人、つまり店長が管理者になるものと想定されています。

しかし、風営法はパチンコ店のような大きな規模の店舗を想定していたでしょうか。
多忙な店長に管理者の業務を全部実地にやらせても意味が薄い場合は多くあるでしょう。

現場に一人、「風営法で話せる人」がいればよいのです。
その「話せる人」が店長でなくともよいと私は思います。

「法律は難しい」という思い込みも多分にあります。
それは「法律が嫌い」な人はそう思うでしょう。

ですので私達は「風営法は面白い」という前提でセミナーをやってきました。
法律を暗記してもダメなんです。
人は面白いから好奇心がわくし、コツコツと努力できるのです。

セミナーをすると10人に一人のくらいの割合で「法律が好きそうな人」に出会います。
そういう人はセミナーの後でこう言ってくれます。

「法律の勉強をしたことはないけれど、今日の話は面白かった。」
「もっといろいろ質問したかった。」

でも、その人とはそれっきり、ということが多いです。
店長でも主任でもない社員さんが、もっと風営法のことを知りたいと思っても、それはその瞬間だけで終わってしまうものです。
私にとっては残念なことです。

今いそがしい人に向かって、「ちゃんと風営法を理解しましょうよ」と言ったところで、「もうわかってるよ。」とか「時間がないよ。」となります。

じゃ、忙しくない人に勉強してもらいましょうと言うと、
「必要ないよ。」となります。

人の意識を変えるのは難しいものです。
ですので、「これから」の人にもっとチャンスがあればよいのに、と思います。

業界には「風営法で話せる人」が少ないと思います。
自分が働いている業界の法律ならば、根底からきちんと理解しなければいけないと思います。

最近そういうことを考えているので、いずれどこかで風営法の入門セミナーを実施しようと思います。
「法律大嫌い」「法律は難しい」
そう思っている皆さんに向けてのセミナーですが、忙しい店長さんは来なくて結構です。

私は論客ではありません。
ただ、もったいないことはしない方がよいと思います。
私が「良い」と思うことを、より簡単に、無駄なく行っていただきたいと思うばかりです。


posted by 風営法担当 at 18:59 | Comment(0) | パチンコ・ゲームセンター・遊技場