2014年11月17日

新人ホール従業員のための風営法初級講座

とっても恥ずかしいのですが、Parlor-TVさんのご協力で、新人向けの風営法講座の映像を公開させていただきました。

http://parlor-tv.jp/item/DG118001.html

私の感触では、けっこう大きなホール企業でも新人研修で風営法を取り入れていないケースが多かったので、これはイカンと思いまして、恥を承知で作ってみました。が、有料でございます。<(_ _)>

新人向けの場合は短い時間で最低限の知識だけを提供すればよいと考えました。
法律嫌いになってもらっては困りますし、新人さんの立場で理解できる範囲はごくわずかだと思うからです。

研修の企画に関しては、新人向けの方が一般向けより難しいです。
重要な部分だけを選んで短くまとめるのは容易ではありません。

つまり風営法の新人研修の実施は実際にはかなり難しいことなので、標準的な内容を目指して作ってみました。

この内容に合わせて、初級テキストも作り、パワーポイントファイルも作ってみました。
これらを使って、いずれPSKAI総研(東京都新宿区)で新人向け初級研修を開催する予定です。

この研修はホール企業の新人(業界経験3年以内)の方であれば、どのホール企業に所属する方でも、しかも無料で参加できるという企画にしたと思います。たぶん。(もし有料になってたらゴメンナサイ)

その関連の情報も決まり次第お知らせします。



posted by 風営法担当 at 16:32 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2014年11月16日

関与について思う

産経ニュースですが、買取りでホール経営者が逮捕とのことです。

http://www.sankei.com/affairs/news/141115/afr1411150028-n1.html

風営法では賞品をホールが買い取ることを禁止しています。
「風営法違反」ですから、直接買い取ったということです。

ほとんどの都道府県では関与することすら禁止されているところ、直接買い取ったのならかなり悪質だと言うことです。
間接的な買取りについては都道府県条例で規制されています。

「客に提供した賞品を買い取らせないこと。」
が一般的な文章ですが、「勧誘しない」「援助しない」「あおらない」「関与しない」といった表現もあり、愛知県のようにその制限さえない県もあります。

「賭博と一線を画する」部分の話です。
条例違反のほか、賭博罪の成立もありえることです。

世間では「三点方式」とかいう言葉があるようですが、世間が勝手に言うことであって、ホール業界の皆さんには関係がない話ですよね。。。

下記は安倍総理の答弁書です。
しごく当たり前のことがサラッと述べてあります。

私はこれを読んでいろんなことを考えました。
ご参考まで。

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/187/touh/t187045.htm




posted by 風営法担当 at 15:59 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2014年11月15日

ホール営業のための風営法関係資料集改訂と、ちょっと思うこと

10月に内閣府令の改正があったので、それにあわせて関係法令を修正した資料集をアップしました。

このコーナーの下の方にリンクがあります。
http://nozomi-soken.jp/benri.html

原則として会員限定ですが、弊社メールマガジンを受信されている方については当分の間、ご要望あらば添付ファイルで差し上げようと思います。

但し、この資料集はホール営業のためのものです。
ホール営業という言葉は「ぱちんこ屋」の意味で使っておりまして、麻雀やパチンコ店営業は対象外です。

いずれ風営法が改正されたら、また改訂せねばなりませんが、法令を自分で確認するための資料はかならず手近に確保しておいていただきたいと思います。

日頃見慣れている風景が全て当たり前だと思い込まないために、法令条文の確認は重要です。

この世の中、全てが法律どおりというわけには行きませんが、法律どおりでなければならないポイントをわかっていないと、とんでも無いことになります。

ですので、最近はそういった「特に重要なポイント」に特化した内容のセミナーを行っています。

来年2月頃に都内で有料セミナーを行いますが、日程が決まったらお知らせしたいと思います。





posted by 風営法担当 at 15:24 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場