2015年02月27日

パチンコ店における依存(のめり込み)問題対応運用マニュアルが制定されました

ホール関係六団体が構成する遊技産業活性化委員会が「パチンコ店における依存(のめり込み)問題対応運用マニュアル」を制定されたとのことです。

「なぜそんなことをしなければならないのか?」
と思われた方は、今業界が置かれている深刻な状況をよくご存じないのかもしれません。

それがどれほど深刻かということは、先日、弊社のセミナーで解説したのですが、とてもWEB上で説明できるような内容ではありません。

依存症対策はホール業界にとって重要な意義のある課題でありますから、業界全体として前向きに実施していただきたいと思います。

このマニュアルでは、社内に依存症問題対策担当者を置くことや、対策についての従業員への指導教育、実情の把握、自己診断チェックの活用、広告宣伝における呼びかけなど、実施に覚悟が必要な内容がありますが、特に目を引くのは「自己申告プログラムの活用」です。

自己申告プログラムは、店舗の顧客会員システムを活用して、会員が 1 日の遊技の使用(投入)上限金額を自ら申告し、設定値に達した場合、翌来店日に店舗従業員が当該会員に知らせる仕組み。

とあります。
これほどのことをしなければならない時期に来ているということです。

なお弊社では「今業界が置かれているコンプライアンス事情」に関するセミナーを、大阪では前編を4月22日に、その翌日の23日は東京で続編を開催予定です。

詳細は以下のサイトでご確認願います。<(_ _)>
http://p-link.co.jp/seminar201504.html






posted by 風営担当 at 11:59 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2015年02月15日

風営法初級テストの解説資料について

2月18日水曜日に都内浅草でコンプライアンスセミナーを開催しますが、定員には若干の余裕があると聞いております。ご興味がおありでしたら、右のバナーリンクから詳細をご確認ください。

人事労務が前半で、後半の風営法部分80分を私が担当します。
ホール業界における風営法の考え方の二面性について大胆に割り切って解説します。

今回は人事や総務の責任者のみを対象にしています。
それなりの責任を持つ方だけが相手なので、一般のセミナーでは語りにくかったことだけを今回は語ります。

よって、風営法の条文解説はほとんどやりません。
風営法に対する「考え方」だけを語ります。
風営法を考える上でもっとも重要なことですが、これまで語る機会を作れませんでした。

続編を4月に都内で開催する運びとなりました。
第一弾はマクロな視点で、続編はミクロな視点です。

また、西の方からのご要望が寄せられていますので、第一弾と同じ内容を大阪でも実施することとしました。
詳しくは後日お知らせいたします。

ご参加の方々へは風営法初級テストの解説資料のほか、いくつかのコンテンツを提供する予定です。
テストの回答と解説資料は一般に配布してしまうと意味がないので、それなりの立場の方に限定せざるを得ないのです。

最後に。。
今回のセミナーでは私の失敗談を中心に語ります。
普通の法令のセミナーとは内容が異なりますが、ご了解願います。


2015年02月10日

初級テスト問題にミスを発見!!

おかげ様で、弊社メルマガの配信のお申し込みいただき、初級テストの方もご利用いただけてありがたいことです。

特にありがたいのは、テストの内容についてご意見をいただけたときです。
今しがた、初級テストの内容に不適切な部分を発見しまして、これは風営法に詳しい方のご協力があってのことなのですが、早速改訂させていただきました。

テスト問題を作った本人にはテストの問題点に気がつきにくいもので、こうして問題点を発見できるのは大変ありがたいことです。<(_ _)>

ホール業界のお役に立つものを作らねばと思っておりますので、今後もいろいろご意見をお寄せいただきたいです。今のところ、正解率は平均70%程度のようです。初級テキストとセットでご利用いただければ、点数はもっとあがると思います。念のため、テストの解説資料も準備中です。

コンプライアンステストのコーナー
http://nozomi-soken.jp/test.html

メルマガ配信もどうぞよろしくお願いします。



posted by 風営担当 at 11:17 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場