2015年12月08日

いまさら一物二価

「一物二価」という言葉は4年くらい前にも流行りましたが、この秋からご相談が増えておりました。
風営法の等価交換違反の関係です。

東京や愛知の等価是正問題とゴッチャになってしまいやすいです。
「一物二価」は、Aという賞品に二つの価格が設定されて客に提供されているのはおかしい、という発想に基づきます。

なぜなら風営法では、遊技結果に対して提供される賞品の価格は市場小売価格でなければならず、その価格設定が2つ存在しているということは、二つの価格のうちのどちらかがウソではないか、という考え方です。

しかし重要な点は、これが単純な「等価交換違反」ということではなく、「一物二価」の背景に「賞品の流通」がからんでいるのではないか。と見られてしまうことです。

つねづね行政当局からは、「賭博と一線を画する規制」について注意を払ってくれと言われてきたし、その意味するところも様々な方法で訴えかけられてきました。

「一物二価」の指導は全国的な規模で秋口から強化されていますが、それはすなわち、業界全体が疑いの目で見られていることの影響であります。

そういうことまで想像したうえで、今何をなすべきかを考えていただきたいと思います。

また指示処分が増えるのかなあと思います。
さて、今週金曜日は名古屋セミナーがありまして、日帰りで名古屋へ参ります。

様々な疑問に答えますので、お気軽にお声かけください。
まだ参加を受け付けているようです。詳細は以下にて。

平成27年12月11日(金) 13:30〜17:00 (受付開始 13:15〜)
http://www.jamca.net/seminar20151211.html





posted by 風営法担当 at 14:48 | Comment(0) | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2015年12月04日

私がやりたいセミナーはこんなもの

私は数年前に釣りを始めまして、同僚の釣りの師匠からいろいろ教わって、どうにか一匹釣ることができました。お師匠さんがいてくれたから、今ではどうにか一通りできるようになりましたが、最初はひどいもんでしたし、今でも不安が一杯です。たぶん、今もいろいろな勘違いをしていますよ、私は。

ネットや本を読んだだけでは不安なのです。
なんだかんだ言っても、詳しい人からアドバイスしてもらうのが一番だと思うのです。

あるサービス系の会社でセミナーをさせていただいたときのこと。
人数が少なかったので、座談会風に、なんとなく思いついた疑問やトラブルについて意見交換することにしました。

私が一方的に話すよりも、皆さんから気軽に意見を出してもらって、私がコーディネートする方が満足されやすいです。

その中で、こんなテーマがありました。
「店側のちょっとしたミスをネタにして金銭を要求してくる客がいる。金額を明確に言わないで、もっと誠意を示せとか、あいまいなことばかりしつこく言ってくるので対応に困る。」とのこと。

「なるほど、それは面倒くさい話ですね。ならば、その人に損害賠償請求書を出してもらって、それに対して会社として検討する。というような対応はどうでしょう。言いたいことがあるなら文書で示してくれということです。」と私。

「そんなこと言っちゃっていいんですか?」
と聞かれるので、
「え。言っちゃいけないの?」
と、私。

「誰だって、迷惑なことをされたら損害の賠償を求める権利があるのだから、賠償の根拠と金額の計算を書いて請求すればいいのですよ。
それをしないということは請求するつもりがないということだから、用がないなら帰ってもらいましょう。
営業の邪魔をするなら業務妨害だし、「出てけ」と言ってるのに出て行かないなら不退去罪。いずれも犯罪だからおまわりさんを呼びましょう。」

私はこんな風に単純に考えていたのですが、参加者の皆さんからは
「なるほど!その手があるのか。」
と言われました。

私も、「なるほど。そこなんだ。」と思いました。
つまづくポイントは人によっていろいろなんですね。

私も釣り場では、釣り糸でこんがらがって大変でした。
糸の扱い方を知らなかったので。

ですんで私は、私が得意とするところでは、相手の方の理解度にあわせて、そして、その人が気がついていない部分を早期に発見して、わかりやすく解説してさしあげたいと思いますし、私もそうして育てていただいて来ました。

さて、私は何を言いたいのでしょう。
自分はまだまだ世の中のお役に立てていない。ということでしょうか。

今年のホール業界は大混乱だったのに、その割には弊社へのお声かかりが増えていないので残念です。
弊社は、いつでも気になったことを気軽にご相談いただくサービスを提供しています。

私たちは、会社向けの家庭教師みたいなものなので、思いついたことをどんどん聞いてほしいのです。
私が釣りのお師匠から教わったように、基礎の基礎から質問してもらいたいです。

まだ弊社の認知度が低いのは、私どもの努力と情熱が足りないのだと思います。

12月11日は名古屋でセミナーします。
皆さんがまだお気づきでない、法的リスクの真実を本音で伝えます。

最近は法的リスクばかり解説しているのですが、本当は新人さん向けのセミナーをやりたいです。
「法律が大嫌い」という人向けにやらせてほしいのですが、業界が大変なので、なかなかそうもゆかないですね。

12月11日 名古屋 アミューズメント・コンプラアンスセミナー
http://www.jamca.net/seminar20151211.html















posted by 風営法担当 at 18:43 | コンプライアンス総合

2015年12月02日

従業員の笑顔が法的リスクを軽減しているのではないか

これはホール業界に限ったことではありませんが、主に風営法の話です。
私が以前からセミナーでしばしば取り上げている「例え話」です。

深夜、営業所から、わずかに騒音が出ている。
付近の住民が気になって店の従業員に一言苦情を申し出ました。

しかし、その後も騒音はしばしば起こり、その住民の方のイライラがたまってゆく。
そして思い出すのです。苦情に対応した従業員の無愛想な対応が。

その従業員は苦情について店長に報告しましたが、

「どうせ、いつものうるさい人だろう」

ということで無視されていました。
その「うるさい人」は警察署に「なんとかしてほしい。」と通報しました。

警察の担当者さんも、忙しいので最初は「はいはい。そのうち。」程度で済ませていましたが、
同じ通報が何度も来るので、入替検査のときに、通報された店の店員に聞いてみました。

「お宅、夜中に何やってるの?」

アルバイトスタッフさんにはよくわかりませんし、余計なことは言えないと思って、

「自分、知らないっす。」と答えました。

そのときの無愛想な対応が、警察担当者さんの心に記憶されました。
こうして、ホールに対するストレスのマグマが蓄積されてゆきます。

しかし、社長も店長も、全く気がついていません。
そしてある夜、遊技機を整備中に突然の家宅捜索。

これはたとえ話でありますが、法律を使うのは人間ですから、人間対応がリスクに大きく影響するという現実を言いたいだけのことです。
当の本人は気がついていなくとも、相手はちょっとした体の動かし方や表情から、何かしらの心象を持ちます。

私がホールさんを訪問した際に、つい目が向いてしまうのは、女性従業員さんの対応です。
女性の従業員さんが本当の笑顔で対応されているお店では、男性従業員の様子が明るいだけでなく、「しなやか」な雰囲気が伝わってきて好感を持ってしまいます。

男性が女性の影響を受けたのか、女性が男性の影響を受けたのかわかりませんが、生き物である以上、影響しあってお仕事をなさっているはずです。
女性が会社を信頼して生き生きと活動しているホールさんには、なんとも説明しがたい安定感を感じます。

そうすると、このお店はなんとなく「大丈夫だな」と思ってしまいます。
つまり、「社員の笑顔」はリスク回避としても取り組んでいただきたいことなのであります。

私のお知り合いで、女性従業員のメイクアップサービスを提供している人がいます。
たまたま、そのサービスを受けているお店を訪問したことがあって、そのお店の生き生きとした穏やかな雰囲気が忘れられません。

女性社員がメークアップで生き生きする→ 男性社員の意欲向上→ 好感の持てる対応→ リスク軽減

この話を大げさだと感じた方は、風営法における重要な問題を今ひとつご理解されていないかも知れません。
ともあれ、こんなサービスもあるということで紹介しておきます。

潟Eナロッソ
http://www.una-rosso.com/









posted by 風営法担当 at 12:12 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場