2018年01月19日

アレを貸したあなたも風営法違反で逮捕

違法性風俗店の営業ほう助容疑 ビル所有者を書類送検 黙認し賃貸借契約



禁止地域営業における店舗型性風俗特殊営業を行ったという違反行為の摘発。


性風俗では最近よく起こる摘発パターンですが、これに「ほう助罪」がついています。


違法風俗店に店舗を貸していた不動産会社と、そこで働いていた派遣社員逮捕されているのですが、これも最近は珍しいことではありません。


しかし、これは性風俗店だけの問題ではないということは、おわかりでしょうか。


この場所は禁止地域だから性風俗店は出店できない。

それを知っていて店舗を貸した。


すなわち、違法営業を容易にする行動をした。

だから、ほう助だ。逮捕→書類送検→おそらく罰金→つまり前科者


さて、ホール営業の場合ならどうでしょう。

犯罪行為であることを知っていながら貸しました。


何を?

アレですよ。アレ。


風営法に限ったことではなく、ほう助罪の適用が頻繁な状勢では、いろいろなリスクが想定されます。

社会が変われば、今まで放置されていた部分も取り締まりを受けます。


どこの業界・業種でも、弱点がありますよね。

そのあたりのことを社会情勢の変化にあわせてかぎ取っていないと。。。


法令を勉強すればするほど、チェックをすればするほど、何が法令違反なのか、がわかってしまいます。


そういうことを真正面から行うことが「すばらしいこと」だと思っている経営幹部の皆さん。

ごもっともですが、その一方で、現実的な経営理論もおっしゃる。


そこに矛盾がありませんか?

その矛盾に現場も気が付いていないのか、気が付いてもあなたには本音を言わないのか。


どうせ放っておいても、知る人は知る。

それでも、知らせなければよかったのか。

知らせたうえで対処させるのか。


これがコンプライアンスの現実なのです。

といっても、この話の意味がおわかりでしょうか。

これに対応できる人材が会社に最低一人は必要ですよ。
posted by 風営法担当 at 11:45 | 風営法一般

2018年01月15日

クレーンゲームで4号許可なんて





「トレバ」というオンラインゲームがテレビCMで宣伝されていました。


タレントのヒロシさんが出演してます。


クレーン式ゲーム機をオンラインで遠隔操作して獲得していただくシステム。


これは風営法の規制を受けないことが、警察庁の回答で今や明らかになっています。


客が店舗で遊技していない場合は風俗営業に該当しないのです。


まあ、当然と言えば当然なのですが、これがパチンコ店であっても法的には同じ。


つまり、オンラインに風営法の許可は不要ということです。


風営法的には、提供される賞品の価格制限もなし。年少者がやっても違法ではない。


しかし、賭博罪は別ものとして存在していますから注意が必要です。


ところで、今パチンコ店に設置中の遊技機をオンラインで。。。


これは事実上無理でしょうが、店舗型ゲームセンターのクレーンゲームなら可能かなと思います。


お客さんが店にいないときはオンラインゲーム用で使われている。


誰かがオンラインで操作しているクレーンゲーム機を店のお客さんが眺めているのも、面白いかもしれません。


さらに。クレーンゲーム機で獲得された景品を客から買い取る業者が現れたら。。。


すでにそういうことが起きていそうですねえ。


先日、大阪ではクレーンゲーム機を使った詐欺事件がありましたが、クレーンゲームがそんなに人気なら、実機のクレーンゲームを店舗に設置して、パチンコ店と同じく風営4号許可を取得するというのはどうでしょう。


18歳未満は入店できませんが、遊技結果に応じて賞品を提供できます。


価格上限はどうでしょう。少なくとも、800円ということはないでしょうね。ゲーセンですらOKなのですから。


技術介入性は高いし、机上の論理としてはありえるだろうと。。。


あとは風営4号の「その他遊技場」の許可が取れればよいのですが、底が知れない話になりそうなので、このあたりでやめておきます。
posted by 風営法担当 at 11:27 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2018年01月07日

法律について考えるための童話

年末年始は久しぶりに、これまで作ってはほったらかしにしてきたコンテンツどもを整理する作業に没頭しておりました。

ここ数年は風営法、特にパチンコ業界の問題に専念していましたが、もともと私は知的財産の講師をしておりました。しかも、一般社会人向けの。

いつか風営法のセミナーを担当したいという夢がかない、いつの間にか知的財産のことを忘れておりました。

ところがです。よくよく考えてみると、コンプライアンス研修では著作権のネタをよく使いますし、著作権という身近な権利について考えることは、実は風営法の前提となる法制度を理解するうえで、とてもよい材料であります。

というわけで、もう一度、著作権関係のコンテンツを使っていただこうと思った結果、ここで皆様にお知らせです。

実は私、童話作家でもありました。いや、たいしたことはないのですが、100%オリジナルで以下のような童話を作りました。

童話で考える著作権 〜 絵は誰のもの?
http://cozylaw.com/copyright/douwa/

とまあ、子どもにも著作権制度を考えてもらえるような物語なのですが、大人の方が読みがいがあるとも言われます。

学校や企業で教材として使っていただいているようでもあります。

ホール業界の方々には関係が薄いかな。。。。いや、著作権は社会人として必須の知識ですし、風営法の理解にも役に立つはずです。

というわけで、もしお時間がありましたらご覧いただきたいですし、教材として使っていただけたらなおうれしいです。

いずれ「童話で考える風営法」を作ろうか。。。などとは考えておりませんけれど。
posted by 風営法担当 at 01:02 | コンプライアンス総合