2018年05月21日

合理的に行動できない人々

風営法関係の仕事にもいろいろありまして、営業上の相談や研修講師のほか、許可や承認を受けるための手続の手配もしております。

日ごろからお客さんや行政さんとのお付き合いをしていることが、研修や相談にとても役に立っています。
人あってのコンプライアンスですからね。感覚を研ぎ澄ますことがとても重要なのです。

風営法の世界の真実を知っている人と知らない人。
この違いが大きいという話は、このブログでもたびたび取り上げています。

「今まで大丈夫だったのに。」

「こないだはうまくいったのに今回はなぜ?」

「法律に違反しなければいいんだろう。」

「なんでもっと早くすすめられないんだ!?」

こういうセリフを毎日聞いているものですから、それに対する説明方法も身にしみついておりますけれど、ご理解いただくにはそれなりの手間と時間がかかります。

その説明をサービス化したのが当社の「法務コンシェルジュ」なんですけどね。

それでも、話に耳を傾けてくれる人はありがたいし、一回で理解してくださる方はなおありがたい。
まあ、そういう人は少数派ですけどね。

「何度説明してもわかってくれない」という人もおられまして、私の説明が悪いのか、相性が悪いのか、相手の心理的状況によるのか、いろいろありますけれど、基本的なリスクをご理解いただかないまま手続や研修を手配するのは、私にとってとても危険。

よって、文書やメールでもお伝えしますよ。
あとで「知らなかった」と言われても困るし。

しかし、「大丈夫」と信じ切っている人の気持ちを切り替えさせるのは容易ではありません。
聞く耳を持たない人なら「なおさら」です。

立場を変えれば自分も同じ「わからず屋」なんだろうなあ。と思います。
病院でお医者さんと話をしたときに、よく思います。自分は健康の大切さを甘く見ていると。

とは言っても、売り上げを上げたいとか、早く営業を開始したいとか、そういう欲求があるわけですよね。
そりゃそうだ。経営者だもの。

だったら、もっと早く相談してくれて、もっといろいろ工夫していれば、もうちょっとなんとかなったんですよ。なんでそういうことをしないで、今になって不満を持つのか。

そうか、自分も立場を変えると同じことになるんだな。。。

と思うことがあります。
でもですね、うまーく対処されているお客さんもいるんです。

私の話をヒントにして、適切に対応してくださる方が現におられます。
偉いなあ〜、とつくづく思います。

つまり、できる人はやる。できない人だからやれない。

たとえば、売り上げのために広告やイベントを打つのも結構ですが、人に相談するくらいなら、法的なリスクをちゃんと念頭において考えましょうよ。

つぶれるのは自分のお店ですよね。
たかが指示処分を受けるかどうか。そんなちっぽけなことで悩んでおきながら、風営法も通達も読んでいない。

じゃあ何を悩んでいるんだろう。
私もそうなんでしょうが、人間心理というものは合理的ではないことが多いのですよ。

言い換えれば、単純な計算通りに行動できる人はエライですよ。
私には難しいことですけれど。
posted by 風営法担当 at 14:52 | 風営法一般

2018年05月14日

車両の窓ガラスを割ることがあります について思う

ホール業界の皆さんは風営法施行規則にある「構造設備の技術上の基準」を知らない人が多いです。

遊技機の基準も知らないし見たことがない。
そもそも関係法令を自分の目で眺めたことすらないと。

これが私が研修で見ている普通の風景ですが、これは業界として問題ですよ。
さて、それはともかく。

風俗営業所のうちの飲食店系風俗営業における構造設備の技術上の基準の中に、

「客室の内部が当該営業所の外部から容易に見通すことができないものであること。」

というものがあります。

昔は調理場の窓まで板を貼れなどと理不尽なことを言われた時期もありましたが、消防法の関係で言われなくなりましたね。

で、このような基準はパチンコ店を含めた遊技場では適用されないのですが、稀にマージャン店の窓を遮蔽せよと指導されることがあります。

これは法令に根拠がない指導ということになりますが、総合的な意味でわからないでもないです。
いや、むしろこれには深い意味が。。。。

まあそれもよいとして、マルハンさんのポスターがテレビで話題になっていました。

子どもの車内放置を見つけたら救出のため車両の窓ガラスを割ることがあります。

とまあ、ホール業界ではごく当たり前のことが、なぜか今の時期に一般の視線を浴びているという話です。

風営法では18歳未満は立ち入りできない、と。

だから車内放置が発生する。だから見つけ次第に救出のため窓を割ることもある。

で。風営法の入店規制の話に戻しますが、それは「客として」の入店制限です。

乳幼児は遊技など、できっこないから客ではない。

人命が関わるので、そういった解釈があってもよさそうなもの。。。

そこで冒頭の構造設備の基準の話が関係してきます。

これがキャバクラだったら、アダルトの世界に子どもを入れることはできない。

だから、客室を外部から見えるようではNG。という基準がある。

という風俗規制の趣旨が生きてくるのですが、パチンコ店の内部についてはこのような規制がないのですよね。

つまり、パチンコ店内に小学生の子どもが来て、「父ちゃん、晩御飯だからもう帰ろうよ」と言ったところで、風営法的には問題ないということです。

パチンコ店では、その客室内の風景を子どもに見せられないわけではなく、単に遊技をさせられないだけ。

だったら、乳幼児を連れた親がパチンコ店内で遊技をしていたとして、ホールがそれを許容していたら、それは法的にNGと言えるのかな。

教育上よろしくないとか、たばこの煙が、、、とか、そういったことは風営法の外の話ですね。
いずれ全面禁煙の時代も訪れるでしょうし。。。

ふと、そんなことを考えてしまいました。
posted by 風営法担当 at 14:40 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2018年05月07日

管理職になりたくない人々 について思う

管理職になりたくない若手が増えている。というニュース記事を見まして。。。

「そりゃそうだろうな」と思うのですが、私はワタシ特有の目線で、次の様にも思います。

コンプライアンスの研修で私が伝えることは、「実際のコンプライアンスはそんな甘いもんじゃない。」という話ですが、言い換えれば、多くの人々はコンプライアンスを誤解しています。

<法律を理解して守ればいい>

そう思っている経営者の下で、管理職が積極的にリスクを取ろうと思うか。

だって現実には、法律を知れば知るほど法的リスクの存在におびえる結果になるのですから、これまで通りの判断が怖くなってしまいます。

「この広告は行政や近隣店舗からとやかく言われるかもしれない。ガイドライン違反を指摘されたり、風営法違反で指示処分の可能性もゼロではない。でも、自分は違法とは思わない。。。」

さて、風営法のリスクを分析して、こういう状況で広告を打つのか。

法令違反を指摘されるリスクを避けようとしたら、それだけのためにどれほどの営業機会を失い、コストがかかることか。。

なのに、経費を節減せよとか、売り上げ目標とか、数値的な圧力は常にかかるわけです。

<法的な問題が起きた>という結果だけで、有無を言わさず責任を取らされるような組織なら、管理職はあまりにハイリスク。

逆に考えれば、法的リスクを適切な確率計算で運用できる管理職と、その有用性を認める経営者がセットになっていたら、相当に有利な展開がありうるのではないかと。

そういう意味で、最近は若手経営者の方々に期待をかけて活動しているところです。
posted by 風営法担当 at 15:35 | コンプライアンス総合