2019年08月29日

あなたの店が違反を通報される確率は?

改正健康増進法の施行は来年(2020年)4月。
これに対応して分煙工事をするかしないか、どうするか。

そもそも、健康増進法に違反したらどうなるのか?

都道府県知事による指導

勧告

違反事業者の公表

施設管理者に対しは50万円の過料

ということになっています。

しかし、法令違反が露見しなければ行政指導もなにも起こらないわけです。

この法令の規制を受ける店舗の数と言ったら。。。。すごい数です。

では、行政から違反処分を指摘されるとしたら、どういう経緯で?

気になるニュース記事を見つけました。

健康増進法と同じく、保健行政の管轄である旅館業法の違反状況に関する記事です。

https://www.kankokeizai.com/%E6%97%85%E9%A4%A8%E6%A5%AD%E6%B3%95%E9%81%95%E5%8F%8D%E3%81%AE%E5%8F%AF%E8%83%BD%E6%80%A7%E3%80%815674%E4%BB%B6/

これによると、旅館業法の許可を取得していなかったと想定されるケースのうち、行政が探知に至った端緒として一番多かったのが、「近隣住民・宿泊者からの通報」で、40%を占めています。

「保健所による巡回指導」が26%、これに、警察・消防・管理会社からの連絡(17%)が続きます。

つまり、通報又は連絡が端緒の過半(57%)となります。

旅館業法の違反なんて、誰が気づくの???

と思ってしまいました。

それにしても、<通報って意外と多い>と思いませんか?

来年4月以降、皆さんのお店が健康増進法に違反していたとして、果たして通報されるのか。これが風営法違反ならどうか。

どうであれ、違反が発覚するとしたら、その原因は50%以上の確率で「通報」ということになりそうです。

あとは皆様のご想像にお任せします。
posted by 風営法担当 at 18:18 | コンプライアンス総合

2019年08月26日

リニューアルしたら何をしてもいい という誤解

「リニューアル オープン」という言葉には、とてつもない魅力があるのでしょうか。

多くのホールさんが、あの手この手でこの言葉を使おうとしていて、多くの地域では組合ルールにおいて「リニューアル」のPRは構造設備の変更承認を受けたもの限る、ということになっています。

それでも、小さなユニットの変更手続きをしただけで、「リニューアル」をPRするという風景もよくありますね。

それほどにリニューアルしたことが重大なんですね。そして、リニューアル後のオープン日は特別に宣伝が許されている日だから、この日を宣伝することも法的に問題ない、といった誤解も一部で生じているようです。

「設備をリニューアルした」という事実を客に伝えることが禁止されているわけではありません。

こんなに便利になったんですよ。どうぞ新しい設備をお使いくださいませ。

そこまでは結構です。しかし。。。

リニューアルしました。この日はすごいんです。お客さんがたくさんきます。だから入場整理します。。。。

という事前告知。

それは違うでしょ。

リニューアルしたら、どうして混雑につながるの? その因果関係をどう説明するんですか?

まさか、その日だけ甘く調整してますとか、設定が・・・とか、おっしゃるつもりではないですよね。

法的な意味での本質を理解しないまま、なんとなくノリで広告を企画している人が数多くいます。

広告の担当者さんは、本質を理解しておきましょうね。処分を受けますよ。。。
posted by 風営法担当 at 09:00 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2019年08月19日

三つのギョウをもう一度

夏も終わるし、そろそろ風営法の研修を始めたい。さて、どんな内容がよいのか?

普通の人の考えでは、営業に関係する風営法などの法令やルールを学ばせればいい

となります。

ルールを知れば守るだろう。

で、本当に守ってくれるのか?それでいいのか?

このことを真剣に考えないうちに、とりあえず社員にルールを教える!??

それで済むような業界ならいいですけれど、そんな業界でしたっけ。

常々伝えてきました。ルールを知るだけではダメですよと。

仮に風営法の場合であれば、<3つのギョウ>を理解しないと意味がありません。

「ルールだけ」なんて、有害でしかありません。

このことはこのブログでも何度も述べてきました。
ただし、大事なことはネットには書きにくいので、率直には述べていませんけれど。

でも、分かっている人はわかっています。わかっていないように見せて。。。。いや、見えて。

この点をよくお考えのうえで、研修計画を立てるのがよろしいかと思います。

弊社がなぜ、風営法と直接関係のないことを研修で取り上げているのか。

栄養バランスと同じで、総合的にいろいろな取り組みをしないと意味がないからです。

風営法だけを教えても、その知識は正しく吸収されないし、健康な血肉にもならないのです。

どうしても言われたら、弊社も「風営法だけの研修」をやりますけれど、効果は薄いと思いつつやっていますよ。

だって、基礎的なことを理解しないで、ひたすら細かいルールばかりに気にして、使いこなせずに勘違いしながら悪戦苦闘しても、経営上のメリットがないのですもの。

それでもご当人は、たいそう立派なことをしているつもりにはなるのです。

時間は大事ですから、やるなら覚悟を決めて意味がある方法でやった方がよいですよ。
posted by 風営法担当 at 11:17 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場