2021年02月01日

メイド服で客と遊技したら

☆☆☆ツイッターはじめました!☆☆☆
https://twitter.com/lOlArsAliZbJfPO


メイド服で客とトランプ… 経営者を逮捕
https://news.yahoo.co.jp/articles/59a8a9b70f5e0e24c7fb9685b0cc62325fcfb2c2

このニュースの内容は、先日このブログでアップしました「ガールズパチンコ」の話とかぶっていなくもないです。

が、「無許可」とあるのは、どっちの無許可?

メイド服を着たお姉さんが接待したから「社交飲食店営業の無許可」なのか。

それとも、トランプ台という遊技設備を設けて客に遊技をさせた「ゲームセンター等営業の無許可」なのか。

ニュースのタイトルで「無許可で遊技させた疑い」とあるので、ゲームセンター等営業の無許可営業での摘発ですね。

この店が飲食店ではないとすれば、1号社交飲食店営業の無許可営業としては摘発できないです。

よく「10%理論」と言われる行政解釈を根拠にして遊技設備を無許可で使用させている店を見ますが、けっこうな確率で「10%」は成立していないので、法的には「無許可営業だろうな」と思える場面がよくありますが、行政側もそこは大目に見ているということはよくあるでしょう。

ですが、メイド服のお姉さんが名古屋の繁華街でカジノゲームをさせるとなると、行政目線からすると穏やかではありません。

放置すれば本格的な賭博店舗になってしまうという連想が働きますから。

でも、許可を取っておけばよいのですよね。

メイド服で接待するなら1号社交飲食店の、トランプテーブルで遊技させるなら5号営業の許可を。

両方同時に許可を取るかどうかは悩ましい問題ではあります。

「メイドパチンコ」

なんて、いかがでしょう。

パチンコ店はすでに4号営業の許可がありますから。


☆☆☆ツイッターはじめました!☆☆☆
https://twitter.com/lOlArsAliZbJfPO
posted by 風営法担当 at 17:42 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場