2014年09月30日

研修で新人社員さんへ最初に期待すること

PS-KAI総研の企画として、いずれホール企業向けの風営法新人研修を一般公開で実施しようと考えています。
業界人になった以上は最低限の理解を持っていただく必要がありますが、なるべく短い時間で、風営法に興味をもっていただく内容にするつもりです。これは風営法の初級にあたる研修と言うことになります。

最近は地方の組合さんの一泊研修にお誘いいただくことも増えて、そういうときには店長さんのためになるような内容で眠くならない話をせねばと思いますが、もっとリズミカルで躍動的な内容にせねばと工夫を考えております。眠かったら研修の意味がないですから。

一方では、総合法務的な意味でのコンプライアンス研修も行っています。
新人さんがよく悩み、考えやすいテーマでグループ討議形式で行いますが、普通の法令研修とは内容が全然違います。

言いにくいことではありますが「法令順守はできるのか」という切実なテーマからスタートします。
業界人となった以上、一般市民レベルのきれいごとで考えられては困るからです。

人は立場によって法令の解釈が異なるし、世間は法令をよく考えないで他人を評価するものです。
「法律の知識だけでは何の役にも立たない」ということ、「では何が重要なのか」ということを、これから社会人経験を積んでゆく中でたくさん考えていただくためのキッカケを作る研修となります。

キッパリ申し上げますが、法律を嫌いだと思っている人に対して法律を解説する研修をやったところで何になるでしょう。
わずかな時間で風営法の大事なところが初心者に伝わるわけがないのです。

少しでも意味がある内容にするなら、悩み、考えて発言していただく必要があります。
法律知識の暗記ほど危険で無駄なものもありません。子供に刃物を持たせるようなものです。

私の研修では参加者の心がモヤモヤして明確な答えを出せないで終わってしまうのですが、そのモヤモヤが後からジンワリと効いてくるはずです。

疑問を持つからこそ人は成長するのですから、すっきり解決して「これで大丈夫」と思われてしまっては理解はすすみませんし危険です。

だから、私もWEB上でコンプライアンステストを公開しています。
「無知の知」が重要だと思ったからです。

あとからジンワリと聞いてくるような研修を無価値だと思われるのであれば、のぞみ総研の研修はたいてい無価値だとお考えいただいて結構だと思っています。

社内研修は重要ですから、ぜひ皆さんが工夫を凝らしてがんばっていただきたいと思いますし、そのためのご相談にもあずかっておりますが、書物に書いてあることを棒読みするだけなら、その研修を受けている人が可哀そうです。

最近、風営法初級テキストを作成しましたが、研修担当者さん自身がよくお読みになって使っていただかないと困ります。

自分が思ったことを自分の言葉で説明し、よく議論していただきたい。
正しいか間違っているかは重要ではありません。

責任の取り方には「その人らしさ」があります。
法令判断は答えが決まっていません。選択肢はたくさんあるものです。

なのに、自分で判断しないで専門家に決めさせようとする人がいます。
皆、「どうしたらいいか」を他人に預けたいのです。それは要するに「責任逃れ」ということです。

法律違反がバレないならやってしまおう、と思う人もいます。
ならばあなたの部下が会社のルールを破っても許すということですね。
バレないようにやれよ、ということで。

そういった悩ましい判断をすることが責任を取るということです。
その覚悟なくして責任ある仕事ができるわけがない。
そんなことを真剣に考えていただくのが私のコンプライアンス研修です。

かといって、孤独に考える必要はありません。
わかる人はわからない人へ話し、わからない人はわかる人に相談してみる。

人は限られた時間と条件の中で判断するしかないのです。
そういう意識、つまり「責任を取ることは難しい。だから常によく勉強しよく考えるのだ。」という意識が定着してゆけば、コンプライアンスだけでなく、社内環境が徐々に改善されてゆくはずだと思うのです。


posted by 風営法担当 at 14:23 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場