2015年01月13日

そのリスクに注意する理由 について思う

ホール業界の関連では秋口から年始にかけて、遊技機関係のトラブルのご相談がいくつかありました。
遊技機の無承認変更は特に気になるテーマであり、要注意ポイントであります。

それがいかにハイリスクであるかは、さすがに業界の方ならどなたもご存知でしょうが、リスクはほかにもいろいろあって、それらのリスクについてどう対処するかは難しい問題です。

法律を知っているだけではリスクを回避できない。
ということを痛感しています。

法律を守ることが簡単なら、誰でも守ります。
しかし、法律を守ることで損をする、と思った人は悩みますよね。

リスクに対する注意ポイントは何か。
実際の注意点はそれぞれの皆さんの置かれた状況によるでしょう。

たとえば自動車の運転の際に注意すべきこと。
私がコンプライアンスセミナーでよく質問するテーマです。

飲酒運転しない。
スピードを出しすぎない。
一時停止に注意する。

他にもいろいろあるのですが、私はお酒を飲めないので、飲酒運転に注意する必要がありません。
しかし、一時停止違反で二本取られたことがあるのは、私にそのようなクセがあるとおもわれます。
つまり、そこが私の要注意ポイント。

一方で、よく遅刻しやすい人や、せっかちな人は、速度制限違反が要注意です。

このように、どのリスクに注意するかということは、その人の状況やもって生まれたクセを認識することが重要です。

しかし、「どこに注意するか」が、その人がたまたま入手した情報やその人の経験によって左右されてしまうことには問題点もあります。

家族がスピード違反で大事故を起こしたという人なら、スピードに注意するでしょう。
自分自身が雪の日に追突事故に遭ったという経験があれば、雪の日に注意するでしょう。

しかし、そういった<たまたま経験した>ことや、<たまたま入手した>情報にもとづく判断には、どうしても「偏り(かたより)」があって、合理性に欠けるという一面もあります。

つまり、自分ひとりの経験や情報のみで、あるポイントにのみ意識を集中してしまうということは、同時に他のポイントに対しては注意不足になりかねないわけです。

リスクへの配慮は、もちろんタイミングや状況に応じたメリハリも重要なのですが、
「他人は今何を気にしている?」「他人はどんな教訓を持っているか。」
ということも参考にして、全体的にバランスの取れた対策をとることも重要です。

注意ポイントが偏りすぎないよう、同時に幅広い視野でリスク対策を検討していただきたいです。

運転免許の更新の際に見るビデオは、毎回よくできているなあと思います。
「自分はこの点については大丈夫。」
と思っていたけれど、ビデオを見た後で、「いや、まだ自分は甘いな。」と思うのです。

なお、弊社ではパートナーズリンクさんとの共催でコンプライアンスセミナーを行います。
免許講習で見るビデオのような役に立つ内容にしたいと思います。
現在参加者募集中ですので、どうぞよろしくご検討願います。

http://fuei.sblo.jp/article/110639819.html


posted by 風営法担当 at 16:40 | コンプライアンス総合