2015年07月15日

今、業界は確変中なのですよ!

前回の書き込みでは広告規制について再度ご注意をお願いしました。
とはいえ、広告規制違反で営業停止のリスクは少なく、むしろ注意が必要なのは遊技機の取扱いです。

おそらく。多くの店長さんが想像しているよりはるかに、遊技機関係のリスクは大きいです。
発生確率も、発生後の影響も、です。今後重い処分が出ると予想しています。

そのことは、コンプライアンスセミナーですでに語っておりますが、その内容はとても公開の場で言えることではありません。

風営法の本当に重要な部分は、表では言えない事です。

店長さんはお辛い立場にありますね。
経営者の皆さんの理解が足りないと、リスクはさらに高まります。

店長さんが謝って済む話ではないし、あやまる店長さんがかわいそうだと思うことがよくあります。
今、ホール業界は確率変動中だということに、まだ気がついておられないなら、すでに巨大なリスクを抱えておられますよ。

それを踏まえて、無駄なく着実に、やるべき対策を講じましょうとお願いしています。
そういうことなので、今年は特にセミナー活動に力を入れています。

風営法は面白いのです。
だから、楽しく皆で語ることからはじめましょう。

私は面白さを伝えます。
後は皆さんでよろしくやってください。

ただし、「場所と面子」はわきまえてくださいね。ゼッタイに。

九州でも北海道でも、私は姿を現す予定ですので、その際はどうぞよろしくお願いします。<(_ _)>

<弊社関係セミナー>

◎7月24日(金)13:30〜17:00  (受付開始 13:00〜)
大阪丸ビル会議室新館711号室 東淀川区東中島1-18-5
http://www.jamca.net/seminar20150724.html
風営法の部は「東京の第二回目(4/23)」と同じ内容となります。
主に、今のホール営業における行政対応上の注意点などにふれます。

◎8月26日(水)13:30〜17:00 (受付開始 13:15〜)
リファレンス駅東ビル5階V-4会議室 博多区博多駅東1-16-14
http://www.jamca.net/seminar20150826.html
風営法の部は「東京の第一回目(2/18)」と同じ内容となります。
主に、風営法理解におけるホール業界特有の注意点などにふれます。


posted by 風営法担当 at 12:04 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場