2015年09月29日

「風営法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令案」等に対する意見の募集について

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=120150015

長いタイトルになってしまいました。

要するに、来年2016年6月頃に施行される改正風営法に関係して、関連する政令や規則等が改正されるので、その改正案についての意見募集であります。

特定遊興飲食店だけでなく、深夜に営業される場合には風俗営業についても、さまざま新しい措置を行う義務などが増えましたし、書式も若干修正が必要になります。

風営法の法令集を管理している私としては、法令改正に対応して条文を修正する作業がゾッとするほど辛いですが、風営法のセミナーをしている身としてはやむをえません。

一つの思うのは、このとおり風営法はこれまでより広く、そして細かくなって、様々な営業に影響してきているので、パチンコ営業に限らず、飲食業界でも風営法の規制はきちんと理解しておかないと、怖いことになるということです。

ですので最近は、遊技場に限らず、風営法や業界特有の諸法令について、コンプライアンスセミナーを実施しております。

なお、パチンコ業界向けでは、10月15日には大阪で、10月30日にはJAMCAとしてコンプライアンスセミナーを実施しますし、年末には業界団体主催で都内でも行う予定です。(詳しくはこちら

一方では、一般企業向けのコンプライアンスセミナーも実施しています。
これは一般コンプラアンスに関するもので、著作権など身近な法律問題を事例にしつつ、「本当のコンプライアンス」について考えていただく内容でして、「法律大嫌い」という方々には非常にウケが良いセミナーであります。

余談が過ぎました。。。





posted by 風営法担当 at 10:37 | 風営法一般