2015年10月29日

ホール企業が全滅するのはどんなとき?

古典的なテーマですが、最近はこんなことばかり考えています。
皆さんも、このことをよくお考えだと思いますが、いかがでしょう。

現場の責任者の方々が、この質問にスラリと答えられますでしょうか。
無承認変更が発覚した場合に、その後どのような展開になるのか。

指示ですむのか、営業停止か、又は許可取り消しか、罰金はありうるのか。
それはさらにどんな結果につながるのか。

違反リスクの端緒は現場での油断で起きるケースが多いのです。

自分はわかっている。でも部下はわかっていない。

誰かが考えているはずだと思っていた。実は誰も考えていなかった。

わかってはいたけど、いざ起きたときに何もできなかった。

私が見ている風景では、「これなら大丈夫だろう」と思えたことはほとんどないのです。
来年起こるかもしれない最悪のリスクは、どの程度の発生率であると想像されているのでしょうか。

皆さんがこれを考えることには、皆さんが生命保険に入る以上の必然性があるように思います。
人はテレビのCMには簡単に乗っかれるのでしょうけれど、自ら想像しない限り気がつかないリスクに対しては、一歩も動かなかったりします。

明日はJAMCAセミナーの最終段階に入ります。

一段目では、風営法に向き合うに当たって理解しておくべき裏のキーワードを解説しました。

二段目では、社会と行政の変化、それへの対応策をテーマにして解説しました。

三段目では、今業界で起きている諸現象の法的な背景を解説しました。

そして明日は、「これから」の備えを解説します。

明日の東京浅草でのセミナーは、まだ若干の余裕があるそうです。

「考えて見ればそのとおりだがそんなふうに考えていなかった」

となるであろうテーマにしようと思います。

詳細はこちらにてご覧ください。

http://www.jamca.net/seminar20151030.html



posted by 風営法担当 at 09:23 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場