2015年11月19日

広告宣伝規制と 書き入れ時 について思う

ぱちんこ遊技機の回収のことなどもあって、ホール業界の皆さんは来年の見通しがただず困惑されているかと思いますが、年末年始は「書き入れ時」です。

風営法のセミナーがあっても、今はそれどころではない、という状況ではないでしょうか。

営業あってのコンプライアンスですから、営業は営業でがんばっていただきたいのですが、最近、がんばりすぎて広告の内容が過激になってはいませんか?

いや、P−WORLDは地味かもしれませんし、配布されているチラシも無難かも知れませんが、皆さん、「見えにくいところ」で、あの手この手で宣伝されていますねえ。

「今やっている方法なら大丈夫」と思いこんでいるうちに、思わぬ落とし穴を掘っていたということになりませんでしょうか。

状況が厳しい、年末だからここは一発。
しかし、年末は行政さんも「書き入れ時」であります。

「書き入れ時」

商売が繁盛したときに、帳簿などに数字を書き入れることが多くなるので、このような言葉が出来上がったそうです。

調書に文字をタイプする方の「書き入れ時」になりませんよう。
つまり、広告宣伝規制違反に注意が必要な時期だということです。

なお、12月11日名古屋でセミナーをやります。
詳細は以下をご覧ください。私は、広告宣伝がコンプライアンス面で意外と重要な問題になりうると密かに思っています。

アミューズメント・コンプライアンスセミナー.pdfアミューズメント・コンプライアンスセミナー.pdf







posted by 風営法担当 at 11:00 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場