2016年02月17日

大事な話を聞いてもらえないので

最近はセミナー、相談、情報収集に明け暮れておりますが、それでも一応、行政手続もやっております。

許可を取る手続の際には、開業後の注意点を説明しております。

「構造設備をいじるときには、あらかじめ相談してくださいね。面倒な手続が必要な場合がありますよ。」

などと口頭で説明して、説明資料も渡して、「はいはい、わかりました。」と言われます。

ところがしばらくして、「もう工事しちゃった。どうしたらいい?」とか、「警察が来たんだけど。」とか言われても、どうしようもないですよ。。。

私「あのとき説明したはずですけど・・・」

客「いや、聞いてない。記憶がない。」

そりゃそうですよね。そのときには、私の説明など「どうでもいいこと」なんですよね。
資料はどっかにいっちゃってるし。

誰しも、開店するときには「開店さえできればいい」と思っていますから、そんなときにゴチャゴチャ言われても、聞いちゃいないですよ。

それが普通の人の感覚でしょうし、私も立場が逆ならそうなります。

そういうことがたくさんあったので、「法務コンシェルジュ」というサービスを始めたのです。

「何かやるときは、とにかく連絡してくださいね。連絡ないなら、こっちから連絡しますよ。」

きっかけはその程度のことでして、あれから10年。
手続以外のことでも、どうにかお役に立てていると思うのです。

私たちの「ウリ」は、「話しやすい」ということです。

ささいなことでも、「とりあえず聞いちゃお」と思っていただかないと、違反リスクを避けられないからです。

私などはともかくとして、弊社の事務員さんたちの電話の声は、けっこう評判がよいようで、私はいつも感謝しておりますよ。

そんな事務所でございます。







posted by 風営法担当 at 10:00 | コンプライアンス総合