2016年10月20日

変更届出における虚偽記載

<広告宣伝で営業停止>という話を耳にして、「やっとか」と感じるとともに、広告の違反処分の面倒くささをボヤっと思い浮かべました。原則指示ですから。

都内では、ライター系イベントが自粛されています。
それが広告規制違反かどうか、という点を気にするだけなら、「まだ行ける」と思えるでしょう。

しかし、「広告だけの問題ではない」という目線だったらどうでしょう。

足踏みか、一歩踏み出すか。
ホール企業のリスク対策は両極端に流れつつあります。

潮は常に変化しています。
「法令に書いてあること」だけを見ていては大失敗になりかねません。

常々、研修やセミナーで強調してきましたが、重要なのは「3つのギョウ」であります。
思い出してください。私の失敗事例をいくつも紹介しましたね。

「今までは大丈夫だった。」
これも危険です。すでに、かつて無かったことが起きているのですから。

パチンコ機の撤去問題は、来年どうなるか、につながってゆきます。
ホール企業にとって憤懣やるかたない出来事ばかりですが、それはそれとして、現実的な対応とはどういったものなのか。

収益優先も結構ですが、今度ばかりはどうも引っかかるのです。
往生際の悪さが、吉とでるか、兇とでるか。地域性と運とタイミングもかかわります。

ところで、弊社で配っている行政処分の量定表には、「変更届出内容の虚偽」という違反行為について明記していません。
量定としては、変更届け出義務違反と同じF量定なので、とりたてて明記する必要もないと思っていたのですが、ふと、気になって調べてしまいました。

第五十五条  次の各号のいずれかに該当する者は、三十万円以下の罰金に処する。
三  第九条第三項(第二十条第十項及び第三十一条の二十三において準用する場合を含む。以下この号において同じ。)又は第三十三条第二項の規定に違反して、届出書を提出せず、又は第九条第三項若しくは第三十三条第二項の届出書若しくはこれらの届出書に係る第九条第三項若しくは第三十三条第三項の添付書類であつて虚偽の記載のあるものを提出した者

私がなぜ、この規定が気になったのか。
それはご想像に任せます。

posted by 風営法担当 at 00:00 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場