2016年11月21日

賞品に関する政府答弁について思う

http://ameblo.jp/rintaro-o/entry-12220565509.html

緒方さんという国会議員さんのブログのことが、ホール業界に関心が少なそうな方も含め、広範囲で注目されているようで、意外に思います。

ニュースにするほどのネタではないのですが、なにやら変な感じです。
どうも、世間から注目されやすいのは次の部分のようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
質問六 「ぱちんこ屋で景品を得た後、その景品を金銭に交換している現実を政府として把握しているか。」
について

→ (政府)客がぱちんこ屋の営業者からその営業に関し賞品の提供を受けた後、ぱちんこ屋の営業者以外の第三者に当該賞品を売却することもあると承知している。

※私見
客が入手した賞品をどこかで売却するのは客の自由であり、売却先がホールでない以上はホールが買い取っていないのでしょうから風営法違反ではありません。「交換」ではなく「売却」です。
「(そのような賞品について)売却することもあると承知している」
つまり、当たり前のことをおっしゃっているわけで、新たに何かを認めた答弁とは受け取れません。
この私がホールで得た賞品をブックオフで売ることもありうる、ということも含めて承知されているわけです。


質問七 「風営法に規定されるぱちんこ屋は、刑法第二編第二十三章における罪の違法性を阻却する必要はないのか。」
について

→ (政府)ぱちんこ屋については、客の射幸心をそそるおそれがあることから、風営法に基づき必要な規制が行われているところであり、当該規制の範囲内で行われる営業については、刑法(明治四十年法律第四十五号)第百八十五条に規定する罪に該当しないと考えている。

※私見
風営法を守っている限り賭博罪ではない。
風営法がそういう役割も持って存在してきたので、これも当然と言えば当然ですし、過去の答弁でも出ている話ですから、特に新鮮さはありません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というわけで、全体的に当たり前な答弁だったので、特に驚くことはないと思うのです。
この答弁だけを見てしまうと、世間的には意外な感想が漏れてくるのかもしれませんね。

ともあれ、風営法を守らねばならないということです。
むしろ、こちらの方が重要でしょう。

遊技性能の問題と買取り関与の問題。
当面は遊技性能の方が重要でしょうが、本当に風営法及び関係法令のとおりにやれているのかどうか、が問われることになります。

新たな脱法的行為がまた問題にならなければよいのですけれど。。。。

<メルマガ:P店法務チェック情報>
☆☆ 毎週火曜日 無料配信中 ☆☆
お申し込みはこちら ↓
http://nozomi-soken.jp/P-check.html
風営法初級テストもご利用になれます
上記からPDFファイルをダウンロードして
FAXでお申し込みください。
ご利用はホール様に限られます。
お問い合わせはお気軽に TEL 042-701-3010 風営法担当まで




posted by 風営法担当 at 12:25 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場