2017年03月23日

客が店の外で捨てたゴミなどを放置したら指示処分

弊社の風営法関係法令資料集東京都版の最新版では、すでに反映しておりますが、東京の風営法施行条例では、昨年の改正で風俗営業者の遵守事項の最後に一つ追加がありました。こんな規定です。

(風俗営業者の遵守事項)
第七条 風俗営業者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。
8 営業所の周辺において客が投棄したと認められるごみ又は排せつ若しくは吐しやしたと認められる物を放置したままにしないこと。
以上

つまりですね、お客さんが店の周辺でゴミを捨てた、排便した、ゲロを吐いた場合には、それを放置していたら条例違反ということです。

特定遊興飲食店の遵守事項が定められて、その影響で盛り込まれたとのことですが、深夜営業に限定されていませんし、東京オリンピックを念頭に置いたものかもしれません。

こんな規定がなくとも、お店の前や駐車場で発見したら、すぐに掃除なさると思いますが、「営業所の周辺」ってどこまでなんでしょう。

保全対象施設との関係で規制する場合には、最大「100m」が思い浮かびます。

営業所から100メートル以内と言われると、かなり厳しいですね。

店舗型性風俗なら200M。無理でしょ。。。

もし、ホールで配ったティッシュやらウチワやらチラシやらが、店から50メートル離れているところに落ちていたとしたら、ホールは気が付くでしょうか。

「これは昨日おタクの店の客が捨てたんだよ。昨日知らせたじゃん。違反だね。」

うーん、なかなか難しいことだと思うのですが、近隣の皆様に迷惑がかからないよう定期的に「営業所周辺」を巡回したものか。

「じゃあ、周辺って何メートル?」

ってなりますよね。でも、すみません、やたらと言えないです。

「放置」がダメなんですよね。つまり、わかっていて、ほうっておいた。

ならば、そういった「モノ」があると認識したら、速やかに掃除する。
たとえば、近隣の方からお知らせがあったら、すぐに動く。

そういうことでいかがでしょう。











posted by 風営担当 at 11:17 | 風営法一般