2017年05月29日

カウンター付近の冷蔵庫について思う

春先から、カウンター付近の冷蔵庫が見通しを妨げる、といった指導を受けたホールさんの話が増えています。

賞品提供カウンターの脇に、賞品としてのジュースなどを冷蔵している冷蔵庫は、多くは高さが150pを超えています。
さて、これは違反なのかどうか。

私が行政職員だったら、ほとんど気にしないのですが、もしあの通達を見ていたら、気になってしまうかもしれません。
構造設備に関する平成23年6月15日の警察庁通達です。

原則として、高さが100pを超える設備は見通しを妨げる恐れがあるとされます。
賞品棚でも150pを超えると妨げる恐れあり。

でもですね、見通し問題は「客室の内部」のことです。
賞品カウンターはたいてい客室線のギリギリにあるので、客室内部の目線を「妨げる」と言えるかどうか。

客室線がどこにあるか。おそらく店長さんも、そして図面を持っていなければ行政職員の方も、客室線がどこにあるかわかりいくいです。

とは言え、パチンコ店での見通しの確保はあまり意味がない。
そもそも島が目線をさえぎっているのですから。

そこは目をつぶるしかないので、通達でもそうなっていますが、その時点で見通しの確保には限界があります。
キャバクラ営業なら、いろんな事情があって気にする必要性があるのですが、遊技場ではちょっと。。。

それでも、指示処分にはなかなかならないとは思いますが、注意や指導まではよくあります。
それをもってホールスタッフさん達は私どもに「なにが悪いの?」とご質問されるのですが、こういう現象を適度にご理解いただくためには、「行政職員が何を見てどう考えているか」を想像できるようになっていただきたい。

ホールの皆さんは現場周辺の風景を見て判断していますが、行政は通達で例示された違反事例を見て判断します。
その判断基準のズレが生じているときにトラブルが起きやすくなります。

ですので、法令や通達で確認してくださいとお願いしていますが、法令通達なんて「見るのもイヤ」なんですね。

私としては、そうなんだな、と思うしかありません。

キャバクラで見通しが問題視される理由については、研修のときにお話しするネタです。




posted by 風営法担当 at 12:02 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場