2017年07月10日

風営法初級テキストでの研修(のぞみ総研)

いきなり余談で恐縮ですが、風営法規則改正については、そろそろパブコメがでるでしょう。
さて、本題です。

弊社では、以下のサイトで「風営法初級テスト」を公開しております。
ブラウザや端末の状況によっては使用できないときがありますので申し訳ないです。

風営法初級テスト
http://nozomi-soken.jp/test.html

アクセス制限がありますが、毎週火曜日に配信される無料メルマガ「P店法務チェック」の末尾でIDとパスワードを掲載しております。

この「風営法初級テスト」に合わせて、「風営法初級テキスト」も用意しております。
ぜひとも、両面印刷の左綴じでお願いします。<(_ _)>

最近は、この「風営法初級テキスト」を用いた研修をよく行っています。
店長クラスの方にとっては、「初級」という言葉に抵抗感があるやもしれませんが、タイトルが「初級」であっても私が伝える内容は「初級」にはなりません。

対象者の職階と時間配分に合わせて工夫しています。
新人スタッフが相手なら2時間でも充分ですが、店長さんが相手なら4時間は必要です。

店長さん向けの内容なら、「初級」を素材にして「法令の見方・考え方・使い方」を伝えます。

その様子をご覧いただいてから、その後の研修計画をイメージしていただきます。
つまり、「本来我々が身につけておくべき理解」がどれほどの深さのものかをご理解いただく必要があるのです。

今の日本社会のコンプライアンスは、我々の意図を離れて、とても複雑怪奇な状況に陥っています。
その現実の中で各自が責任とリスクを負って業務を遂行してゆくためには、様々な見識や配慮が必要であって、暗記で済むような気軽な話ではないのです。

ホール業界に限ったことではないですが、日本社会を取り巻く深刻な現実を肌身に感じておられない人とは、研修計画の話をしても、どうにもしっくり来ないものです。

そのあたりの問題を背景にした風営法初級研修ですから、「初級」といえども、それなりの深さがあります。
ホール業界はいま大変なことになっていて、未来がわかりにくい状況ですが、「法やコンプライアンスの考え方」は、いつ、どの業界においても、身につけておくべき普遍的な課題です。

ご依頼があれば、全国どこでも喜んでお邪魔いたします。






posted by 風営担当 at 11:40 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場