2017年08月21日

許可取り消し半年で32件 P業界と比較して思う

トラック運送業界の話ですが、許可取り消し処分の件数が増加しているというニュースです。
それにしても半年で32件とは。。。

人命にかかわるので厳しいのは当然としても、P業界に比べるとすごい件数です。
依存症も間接的には人命と無関係ではないですけれど。

自動車メーカーは嘘をついたら罰金2億円となりました。
世の中全体が企業に対する処分を強化させつつある中で、P業界だけが過去との比較をぶつくさ言っているわけにもゆきません。

「100%ルールを守りたいが、それでは仕事をこなしきれない。うちでは80%ぐらい守っているが、ほかはもっと低いのではないか」

このコメントは冒頭のニュース記事にあったものです。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ17HQW_Y7A810C1000000/

ルールを完璧に守ろうと本気で思っている人。
うらやましいです。が、それはたまたま、そういう立場にいるからそう思えるのです。

その一方で、「バレなければいい。」という人。
それだけではだめです。企業人として。

ちなみに、私が見ているP業界の風景は、
「守れそうなところは守る。守れないところは無視する。」

広告宣伝規制違反なんて、たいしたことないのに、そこばかり。
多くは指示処分ですよ。優しいものです。

本当に怖いのは「許可取り消し」。
いや、「書類送検」と言った方が正確でしょう。

書類送検は最近P業界で急増していますが、本気の「取り調べ」を受けます。
「調査」とぜんぜん違いますからね。体験してみないと怖さがわからないようです。

深刻な課題について、考えても意味がないと思っている。
または、他社も同じ状況だろうから(本当は違うかも)大丈夫だろうと思っている。

現場は許可取り消しより指示処分を恐れていませんか。上から叱られるのが怖いから。
自分が処分を受けなければよいという人にとっては、会社の命運はまた別の話。

そんな軽い気分のままで風営法の研修とかしてしまって、いいのでしょうか。
総合的な目線を持たない状態で、風営法を細かく解説せよとか言われましてもね。。。

知識はある。でも守ってない。
それって、悪質だってことですよね。

指示処分ではすみません。
でもそれはどうでもいいことなんですね。。。

ちょっと怖いことがあったから一度研修をしてみよう。
そして、一回やったらそれっきり。

企業の未来を考えますと、そういうことではいけません。
会社として計画的に、そして覚悟してやっていただかないと、私どもとしてはお役に立ちにくいです。

計画的な研修を実施するのは人手不足で大変でしょうけれど、トラック業界よりも余裕のない状況でしょうか。




posted by 風営担当 at 10:37 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場