2017年09月07日

広告屋さんの話を真に受けないでね

「店長がまずは知っておくべき風営法」

地方のホール業界団体様からのお声かかり講演はこんなテーマにしました。来週は九州です。

都内ではすごい件数で指示処分がでていますね。

法的判断は店長さん自らが行わないといけません。

広告業者さんの「うまい話」を信じたところで、違反処分を受けるのはホールさんです。

仕事を取るためにいろいろ言うのは広告屋さんの勝手ですが、ホール業界のコンプライアンスにとっては迷惑な話です。

広告業界でチラシの判断基準を作るなんてことは、あまり意味がないのでやらないと思いますが、そもそも広告屋さんの仕事は広告業ですから、ホールのリスク問題に首を突っ込まない方が、広告とホール、両方の業界にとってよろしいかと思います。

研修ではくどくど申し上げていますが、「総合的なリスク判断」ですよ。

<広告規制で違反かどうか>

そういう狭くて単純な目線ではダメです。

総合的にリスクを分析してください。行政の思惑、地域の状況、最近の情勢、自店と会社の違反歴。

危ない橋を渡っていい時と、慎重になるべき時があります。
それは企業にとって、ホールにとって、それぞれ異なることなのだから、一般論で考えても意味がありません。

なのに、違反じゃなければ大丈夫とか、指示処分を受けなければ大丈夫とか。。

そういう発想では会社を守れません。会社がどうなっても構わないなら話は別ですが。。。

私の研修では、風営法の条文解説はほとんどいたしません。「考え方」を解説します。

正しい考え方さえ身につけておけば、あとはスマホから入手した情報を使いこなすだけですから。



posted by 風営担当 at 18:14 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場