2017年09月04日

パブコメ募集結果と経過措置と

パブリックコメントに対する意見募集結果が出ました。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=120170011&Mode=2

気になる点は次のところ。末尾にあるのですが。

「改正規則の施行後は、営業所に設置されている遊技機のうち、経過措置の対象とならない遊技機であって、著しく射幸心をそそるおそれのあるものとして改正後の施行規則第8条で定める基準に該当する遊技機については、これを営業所に設置して営業することはできません。」

これはすなわち、改正後の施行規則第8条で定める基準に該当しない遊技機については、これを営業所に設置して営業することができる、ということですね。当たり前なのですけれど、それでも一応気になるポイントです。

では、基準に該当するかどうかは、どのように判断するのか。
ホールが勝手に判断して、<これは大丈夫だと思うので撤去しない>

それで良いわけないので、それなりの情報が出てくるのだと思います。たぶん。
一方で、改正規則が経過措置付きで官報にでました。

パブコメ募集当時は経過措置は載っていませんでしたので、これでようやくおおやけになりました。
さて、内容は推測どおりでしたが、相変わらずわからないのは、施行日時点で認定申請中の遊技機について<いつ認定するのか>ということ。

認定日から3年は旧基準適用ということはわかっているのですが、認定日が「認定申請を受理した時期」なのか、「検定有効期間が終わった日」なのか。つまり、検定期間につなげるのかつなげないのかが不明です。

もう一つは、検定キレをまたずに認定申請ができるのかどうか。
過去の運用が今回も適用されるとは限りません。まさか、各公安員会の判断になるのか。。

認定申請のルールはおおざっぱなので、いろいろありえるところ。具体的なイメージがわかないので困っているところです。

明らかになれば、それなりの方法でお知らせがあるでしょう。


posted by 風営担当 at 17:02 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場