2017年10月31日

「健全化推進」がちょっとだけ気になる

ここ数年、都道府県ごとに賞品提供方法の改訂が試みられることがあり、その際のお客様向けの表記のことで考えることがあります。いわゆる「交換率」とか言われるものです。

気になるのは「健全営業推進のため」といった意味合いの言葉。

「健全営業を推進する」という意味には、いまだどこか不健全なところがあったし、今もまだ残っているという認識が前提になっているようなイメージを持たれてしまわないでしょうか。

もちろん、問題に前向きに取り組むことは立派なことです。
正直なところもよいかもしれません。

でもですね。
風営法的には、賞品交換は常に「等価」が原則です。

これまでも、今日からも、賞品価格は「等価」になるよう設定しなければなりません。
賞品価格は市場価格ですから、当然ながら多少の変動がありえます。

変動したら、それに合わせて価格設定を見直すことは必要ですが、相場は常に変動することもあります。
だからといって、毎日価格を改定せよと言われても無理な話。

よって、定期的な価格の改訂は不自然ではないのですが、その改訂の理由として「健全化を推進するため」となると、ほんのちょっとだけ、引っかかるのです。

「推進」ですか。。。嘘ではないのでしょうが、ちょっと正直すぎやしませんか。何かが透けて見えると言うか。。。

これまでもちゃんとやってますし、今回も法令順守のためにやりました。
そういう意味合いの方が、万事よろしくおさまるような気がします。

私が非公開の研修で取り上げる「○○」という重要なテーマがあって、それをやるときはズバっとキッチリとやっていただきたいものですが、これには多少の覚悟や度胸も必要でしょう。

これってきっと、わかりにくい話ですよね。
でもですね、私が気になるということは、「ほかの誰か」も気になってしまうおそれがあるのではないかと。

本来的には「問題あり」の分野ですからね。



posted by 風営担当 at 10:05 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場