2018年03月30日

第三者だから合法 というよくある誤解

マージャンで賞金提供容疑、大会開いた店長逮捕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26669360Y8A200C1CN0000/

しばらく前の日経新聞の記事です。

マージャン店が遊技の結果に応じて客に賞品を提供することは風営法に違反し、刑事罰対象でもありますから逮捕もあります。

「みんなやっている」

でもそれは「素人さん」の発想で、それだけで判断するのは「甘すぎ」です。

世の中は常に変化しているのだし、皆がやっているから自分も大丈夫だなんて、プロ意識の無い事業者が捕まった後でよく言うセリフです。

さて、こういう「大会」というものを、麻雀店経営者ではなく、第三者が主催していた場合はどうなのか。

よく言われるのが「第三者だから大丈夫」という話。

パチンコ業界でもよく言いますね。

ポイント景品は外部の業者に任せなければ違法だどか、広告屋がSNSで発信する宣伝は違法ではないとか。

ネットで見られる風営法の解説には間違いもたくさんあって、その間違いポイントは私の研修材料として非常に重要なので、よくチェックさせていただいています。

で。

第三者がやっているから大丈夫。

な、はずがないです。

実態として違法ならば違法ですよ。

あとはバレるかどうか、やられるかどうかの話でしかないのに、自分が合法であると信じて安心したいばかりに、話を強引にすりかえようとする心理がよく見られます。

自分をごまかしても、現実は変わりませんからね。

麻雀大会と称する企画が実態として無許可麻雀営業であれば、それを承知で店の設備を貸している麻雀店経営者は、無許可営業のほう助者、つまり犯罪者となります。

A量定ですよ。

パチンコ店の場合もそう。

第三者が「勝手にやっている」のか、「なんらかの連絡をもとにやっているのか」

そのあたりのことをすっかり忘れてしまって、いつの間にか「誰も処分を受けないから合法なんだろう」みたいな適当な感覚で営業するなんて、業界人としてどうかしていますよ。

もちろん、広告宣伝規制は、それだけを見れば法的リスクが極限されています。
しかし、違反処分がないのには、その違反の種類によって様々な意味があるのです。

一件リスクがなさそうでも、店舗によって、又は店長の能力や考え方によって、大きなリスクを知らぬ間に抱えていることもあります。

プロであれば、自分の業界、自分の会社、自分の店舗の法的リスクはちゃんとわかっておくべきですけれど、残念なことに、私が期待するほどの理解を持っている方は、この業界にはほとんどおられない(特に経営者)ので、このプログでさんざん述べてきたことも、部分的に理解されていないか誤解されているのではないかしらと、なんとなく感じています。
posted by 風営法担当 at 13:22 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場