2018年05月14日

車両の窓ガラスを割ることがあります について思う

ホール業界の皆さんは風営法施行規則にある「構造設備の技術上の基準」を知らない人が多いです。

遊技機の基準も知らないし見たことがない。
そもそも関係法令を自分の目で眺めたことすらないと。

これが私が研修で見ている普通の風景ですが、これは業界として問題ですよ。
さて、それはともかく。

風俗営業所のうちの飲食店系風俗営業における構造設備の技術上の基準の中に、

「客室の内部が当該営業所の外部から容易に見通すことができないものであること。」

というものがあります。

昔は調理場の窓まで板を貼れなどと理不尽なことを言われた時期もありましたが、消防法の関係で言われなくなりましたね。

で、このような基準はパチンコ店を含めた遊技場では適用されないのですが、稀にマージャン店の窓を遮蔽せよと指導されることがあります。

これは法令に根拠がない指導ということになりますが、総合的な意味でわからないでもないです。
いや、むしろこれには深い意味が。。。。

まあそれもよいとして、マルハンさんのポスターがテレビで話題になっていました。

子どもの車内放置を見つけたら救出のため車両の窓ガラスを割ることがあります。

とまあ、ホール業界ではごく当たり前のことが、なぜか今の時期に一般の視線を浴びているという話です。

風営法では18歳未満は立ち入りできない、と。

だから車内放置が発生する。だから見つけ次第に救出のため窓を割ることもある。

で。風営法の入店規制の話に戻しますが、それは「客として」の入店制限です。

乳幼児は遊技など、できっこないから客ではない。

人命が関わるので、そういった解釈があってもよさそうなもの。。。

そこで冒頭の構造設備の基準の話が関係してきます。

これがキャバクラだったら、アダルトの世界に子どもを入れることはできない。

だから、客室を外部から見えるようではNG。という基準がある。

という風俗規制の趣旨が生きてくるのですが、パチンコ店の内部についてはこのような規制がないのですよね。

つまり、パチンコ店内に小学生の子どもが来て、「父ちゃん、晩御飯だからもう帰ろうよ」と言ったところで、風営法的には問題ないということです。

パチンコ店では、その客室内の風景を子どもに見せられないわけではなく、単に遊技をさせられないだけ。

だったら、乳幼児を連れた親がパチンコ店内で遊技をしていたとして、ホールがそれを許容していたら、それは法的にNGと言えるのかな。

教育上よろしくないとか、たばこの煙が、、、とか、そういったことは風営法の外の話ですね。
いずれ全面禁煙の時代も訪れるでしょうし。。。

ふと、そんなことを考えてしまいました。
posted by 風営法担当 at 14:40 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場