2019年01月18日

行政処分の多い地域はどこか?

年末に業界を騒がす話もありましたし、たまには行政処分の状況を分析してみるのもよいでしょう。

というわけで全般的な傾向を振り返ってみますと。。。

いやいや、これはいずれ業界誌で書かれると思いますので、詳細はやめておきます。

ただひとつ。地域ごとの温度差について触れます。

「処分が多い地域はどこですか?」

というご質問はたまにあります。

行政側は、そりゃ当然ながら仕事でありますから、それなりの処分件数をこなすに決まっていますが、風営法違反事案のなかでパチンコ店の違反処分がどの程度か?

店舗数の濃度が地域によって異なるので、単純に比較はできませんが、なんとなく感じる温度差はあります。

「ウチの県は処分なんてめったにないよ。」という話。

よく聞きます。で、本当に甘いんですよ。ということもありますし、たまたま最近は処分が少なかったということもあります。

そして、一つ私から申してあげておきたいのは、「ウチは甘いから大丈夫」という話が出回っている地域は、そろそろ危ないんじゃないでしょうか。ということです。

あちらもお仕事ですから、「甘い」なんて評価を世間から下されて、だまっていられるものでしょうか。

ま。それでもだまっていられるというところも中にはあるんでしょうけれど、天気予報みたいな感覚で未来を占うなら、「甘い」という話が出てくると、山の向こうからゴロゴロと音が聞こえてきている状況だと思うんですよね。

そろそろ雨が。いや嵐かもしれません。

ですので、過去の状況から将来の摘発動向を占って安心しても、あまり意味がないのだと思います。

とか言いつつ、やはり、それなりの傾向はありますね。

嵐が吹きやすい地域と晴天の多い地域。
やはり特徴があるなあと、過去の分析から気がつくことが多々あります。

そういったことはブログでは触れにくいですけれど。
posted by 風営法担当 at 14:45 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場