2019年03月11日

受動喫煙対策をしなかったらどうなるの?

健康増進法改正にともなう規則等の改正がありまして、パブコメの内容から想像されていたところとおおよそ同じでしたから、今更皆様に急いでお知らせするほどのことではないと思っています。

詳細においては疑問点が多々ありますし、今後Q&Aが出されるらしいので、それを待ってからまた情報発信しようかと思っています。

それでも3月に入ってからホール業界などから分煙に関するご相談が増えています。
分煙する場合の風営法関連の注意点については、業界団体の講演等でも解説しているし、このブログでも触れました。

むしろ最近気にしているのは、「健康増進法を守らなかったら、どうなるの?」というテーマ。

皆さん、どうお考えでしょうか。

未来のことですけれど、私なりに推測はしております。

業種によって、ご感想はいろいろですよ。

夜の飲食系の皆さんは、そもそも気にしていない。
悩むレベルの話になっていないようです。

麻雀やゲーセンも似たような感じで、あわてる様子でもない。

ホール業界は。。。比較的にあわてているように見えますがどうでしょう。
法令遵守への意気込みは、ホール業界は他業に比べて高いです。

で、過料50万円ですが、これをどうとらえたものか。

いずれ関係先には私の見解をお知らせしようと思っています。
基本的には、あわてない方がいいですよ、という内容になります。
posted by 風営法担当 at 11:16 | コンプライアンス総合