2019年03月19日

客室内の喫煙専用室設置が変更届出でよい場合(速報)

風俗営業関係業界団体から情報が出ていますが、健康増進法改正にともなって喫煙専用室を設置する場合に、これまで変更承認を要する場合でも「変更届出」でよい、という解釈がだされています。

これは解釈運用基準にいずれ盛りこまれるのかどうかわかりませんが、警察庁を通じて正規のルートで行われていることであるし、パチンコ営業に限定されたことでもありませんから、風営法の実務者としては極めて重大かつ緊急な情報なので、ここでお知らせします。

概略を記載しますと、

1 喫煙専用室等の設置に伴う構造及び設備の変更の取扱い
健康増進法の施行に伴い、客室における喫煙専用室等の設置が必要なものにあっては、次に掲げる要件の全てに該当する場合に限り、当該喫煙専用室等の設置は、風営法第9条第3項第2号(軽微な変更)として取り扱うこととする。

(1)喫煙専用室等を仕切る壁等について、同室の内部が同室の外側から容易に見通すことができるものであること
(2)喫煙専用室等の設置及び利用により客室内部の見通しを妨げるおそれがないこと
(3)喫煙専用室等の設置が、健康増進法の施行に伴うものであること


2 届出期間
届出にあっては、風営法施行規則第20条第2項の規定に基づき、喫煙専用室等を設置した日から一月(当該変更が照明設備、音響設備又は防音設備に係るものである場合にあっては10日)以内に、同規定のとおり届出をしなければならない。

以上

さて。

実務者にとっては非常に重大な内容なのですが、まだ疑問が残るところも多々あり、現時点では具体的な情報は発信できません。

これに該当できるケースは意外と少ないような気がしていますから、これについてあまり喜びすぎない方がよいかもしれません。

業界団体からは、もう少し問題点を検討してから何かしらをお伝えすることになるでしょう。


今、私の立場から伝えておきたいことは次の3点です。


<風俗営業所の客室内に喫煙室を設置する場合に注意していただきたいこと(風営法手続)>

@「仕切る壁」は床からの高さが100pを超え、かつ、無色透明であり、設置後もチラシやポスターなどを貼ったりしないこと。

A喫煙室の設置場所が客室内における見通しを妨げにくい場所(客室の端っこ、隅の方)であること。

B着工前に必ず警察に相談すること。なお、設備状況の変化をわかりやすく説明するために、「現状のレイアウトと客室の範囲がわかる平面図」と「施工後を示す図面」と「仕切り等の状況を示す仕様書やパンフレット等」を持参すること。

今言えるのはここまでです。

もともと都道府県によって実務解釈が異なりやすい部分の話ですから、慎重に取り計らってください。

この件に関しては昨年から全国で講演して参りました。

その内容を踏まえたうえで今回の運用変更をご理解いただければよいのですが、わかりにくい点が多々ありますので、講演をお聞きになった方には、ご不明な点がありましたら、弊社にお気軽にお尋ねください。

会員向けには詳細が明確になり次第お知らせいたします。

風営法担当より
posted by 風営法担当 at 10:59 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場