2019年08月19日

三つのギョウをもう一度

夏も終わるし、そろそろ風営法の研修を始めたい。さて、どんな内容がよいのか?

普通の人の考えでは、営業に関係する風営法などの法令やルールを学ばせればいい

となります。

ルールを知れば守るだろう。

で、本当に守ってくれるのか?それでいいのか?

このことを真剣に考えないうちに、とりあえず社員にルールを教える!??

それで済むような業界ならいいですけれど、そんな業界でしたっけ。

常々伝えてきました。ルールを知るだけではダメですよと。

仮に風営法の場合であれば、<3つのギョウ>を理解しないと意味がありません。

「ルールだけ」なんて、有害でしかありません。

このことはこのブログでも何度も述べてきました。
ただし、大事なことはネットには書きにくいので、率直には述べていませんけれど。

でも、分かっている人はわかっています。わかっていないように見せて。。。。いや、見えて。

この点をよくお考えのうえで、研修計画を立てるのがよろしいかと思います。

弊社がなぜ、風営法と直接関係のないことを研修で取り上げているのか。

栄養バランスと同じで、総合的にいろいろな取り組みをしないと意味がないからです。

風営法だけを教えても、その知識は正しく吸収されないし、健康な血肉にもならないのです。

どうしても言われたら、弊社も「風営法だけの研修」をやりますけれど、効果は薄いと思いつつやっていますよ。

だって、基礎的なことを理解しないで、ひたすら細かいルールばかりに気にして、使いこなせずに勘違いしながら悪戦苦闘しても、経営上のメリットがないのですもの。

それでもご当人は、たいそう立派なことをしているつもりにはなるのです。

時間は大事ですから、やるなら覚悟を決めて意味がある方法でやった方がよいですよ。
posted by 風営法担当 at 11:17 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場