2020年06月12日

飛沫防止の板を取り付けたときに届出いるの?

これは遊技場営業にとりあえず限定した話です。

ウィルスの感染予防のためにカウンター上に透明のアクリル板を設置した場合に、変更届をしなければならないのか。

ホール営業の皆さんは、遊技機の部品で細かいところまでしっかり届出しているものだから、こういったものも変更届出が必要ではないか?と思い浮かぶのは当然のことです。

法令を見たところでは、「うーん、いらないんじゃない」と私は思うのですが、絶対に不要、というほどの根拠も法令の中にはなさそうで。

こういう場合、行政に「届出いりますか?」と質問すると、「とりあえず出しておいてね」と回答されるのがオチです。

健康増進法施行の関係でも、たかが灰皿程度で「届出せよ」と言われた事例がどこかでありました。

私は「法的に」ではなく「常識」として「不要」と思ってましたし、業界団体の方でも警察庁にお伺いをたてて確認したうえで、その内容で広報してましたけれどね。。。

で。今回はコロナ対策として、ということですが、透明の板を設置した程度で届出が必要なのか。

透明のアクリル板等で、固定をしない程度のものなら原則不要ですよ。

という行政解釈になっています。先日、そういう通知が出てましたから。

客室面積や客室内の見通しに影響がなくて、大がかりな変更でもないのであれば・・・

ということです。

分煙用の台間ボードを設置する場合は、届出が必要ということでもあります。一応固定されますので。

ただしこれ、パチンコ業界の話であって、飲食店系の風俗営業でも同様に考えていいかと言うと、ちょっとな。。

いろんな営業形態がありますからね、ここでは遊技場営業に限った話としておきます。
(後日聞いたところでは、パチンコ営業に限られないようです。)

ホール業界では、いずれ正式な内容でお知らせがあるとかと思いますが、当然と言えば当然のことだし、この届出不要という措置は緩和措置なのか?

という点には疑問がありますが、とりあえず「不要」ということが明らかになったのはありがたいことです。

これで不要不急の外出が少しは減るというものです。
posted by 風営法担当 at 17:59 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場