2020年06月19日

風営法初級テストのことで思う

パチンコ業界も、コロナ騒ぎでコンプライアンスどころの話ではなくなっていました。

受動喫煙対策も、ハラスメント対策も、いつの間にかどこかに行ってしまった感があります。

風営法関係のお問い合わせも、しばらく少なかったです。休業中だから当然ですけれど。

でも、風営法違反の摘発関係の情報はチラホラありますね。

福岡では無承認変更と自家買いで。
長野では自家買いで。

というわけで、釘と買取の問題は相変わらず存在しているということです。
古物営業のことも気にかかりますしね。。

最近思うんですが、私も歳を取りまして、ホール業界に関わって20年くらいになります。
私と同世代の業界人の人たちはかなり少なくなって、私より若い世代の人たちが重責を担っているわけですが、世の中変わったなと。

世の中いろいろな面で「法律どおり」が進んできて、そのせいもあってか、「法律どおりが当たり前」という感覚の人がホール業界でも増えてきているのでしょう。

妙にまじめな人が増えている。
いや、「妙」とは失礼ですかね。。。

でも、業界の法的な諸問題の多くは、依然として昔のままです。
本質的な問題を理解して日々判断されていればよいのですが、どうでしょう。

風営法のことで疑問とかありませんか?大丈夫?

「わかってるよ。大丈夫。」

とおっしゃる。

(いや、そんなはずはない。。。)

油断すると危険。
それは今も昔と同じですが、今の人たちはそこのところをわかってくれていますかね。

本音がよくわからいのですよ。それに。
自分の理解度なんて、意外と本人がわかっていないものです。。

そう言えば弊社の風営法初級テスト。
休業期間中、よく利用されていました。

うれしいのですが、初級はしょせん初級。
あれだけでは中途半端で、むしろ危険でもあります。

本当に重要なことはオンライン研修では伝えにくいことなので、三密のリスクがあってもアナログで伝えないと。
このあたりが今の課題の一つです。

一方で、オンライン研修の手軽さにも注目しています。
ハラスメントアンケートを実施し、その結果を踏まえてオンラインでハラスメント研修。

現地に行かなくてもハラスメント対策を支援できるじゃないかと。

人がどんどんナイーブになってきていますね。
議論を避けるために本音を言わない人達。

それがよいことだという風潮が様々なリスクを生んで、コンプライアンスの根幹に影響を与えています。
さて。。

「思ったことを言っちゃいなよ。」

「無理に言わないでいいよ。こっちで工夫するから。」

どっちが正解ですかね。

時代のながれは

「無理に言わないでいいよ。こっちで工夫するから。」

でしょうね。
ですので、アンケートが重要です。本音をキャッチできる方法の。

弊社ではアンケート実施の支援も行っています。
お問合せをお待ちしております。

のぞみ総研コンプライアンス担当
電話042-701-3010
posted by 風営法担当 at 17:44 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場