2020年06月25日

コロナ検査をしたとの嘘宣伝で不正競争防止法違反

大阪の性風俗店が<風営法違反(禁止区域営業)の疑い>で摘発されたニュースがありましたが、その後、不正競争防止法違反でも立件されたというニュースが出ました。

風営法違反だけでは物足りない事情があったかもしれませんが、風俗店に不正競争防止法を適用するという話は私にとって新鮮です。

で、関係条文を以下に。

不正競争防止法
(罰則)
第二十一条
第2項 次の各号のいずれかに該当する者は、五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
五 商品若しくは役務若しくはその広告若しくは取引に用いる書類若しくは通信にその商品の原産地、品質、内容、製造方法、用途若しくは数量又はその役務の質、内容、用途若しくは数量について誤認させるような虚偽の表示をした者(第一号に掲げる者を除く。)
抜粋おわり


さて、この風俗店では、

新型コロナウイルスをめぐり、「全従業員が検査で陰性だった」などとホームページ(HP)で告知していたが虚偽であった

とのことで、これが不正競争防止法違反だと。
なるほど確かに。

罰則を見れば風営法違反よりも重いですね。
それに、こっちの方が構成要件を固めやすい。

広告内容どおりの検査が行われていないことは容易に立証できますから。

さて。広告担当の皆さん、軽い気分で嘘をつかないようにね〜。

検査キッドは確かに販売されていますが、それなりの値段です。
やるならちゃんとやらないと。
posted by 風営法担当 at 11:50 | 風営法一般