2020年07月03日

深夜営業がダメな理由とは?

ホ新・新藤加菜は蜜への矛盾、SC・西本誠は風営法の改正|都議補選・都知事選二〇二〇
https://www.fphime.biz/posts/8668769/

こんなネット記事↑を見つけまして、風営法がらみだと思って読んでみました。
きれいなお姉さんの部分はさておき。

西本さんという人が風営法の営業時間規制について意見を述べてられていました。
風営法についてまじめに考えている政治家は貴重だと思います。

で、こんな主張をされているとか↓

「まともな店がやれない時(時間帯)に悪事を働くのは凄い簡単なんですよね。時間を厳しくし過ぎると、悪い事をし易い。」と自身の経験も踏まえて話した。だが、水商売に限った話ではない点を幾度も強調していた。

私は夜の街に繰り出すタイプの人ではないので、このあたりのことについては保守的な感覚です。

つまり、
「夜中は寝てましょうよ。」
という考えです。

そのためか、西本さんの意見については、まだいまいちピンとこないとは言え、こういう考え方もあるんだなと参考になりました。

西本さんの意見を私が勝手に推測しますと

<風営法の営業時間制限をなくした方が治安が良くなる>

ということでしょうか。

そうだろうか?とは思いつつも、否定するほどの自信もありません。

ちなみに先日、ある人からこんな質問をされました。

「性風俗とかは、なんで深夜営業がダメなんですか?」

うーん。なんでだろう。そういう男女の行いって、普通は昼よりも夜が多いよな。なのになんでだろう。。。

むしろ昼に制限した方が風俗環境にはプラスではないかな。

などと考えてしまったのです。

というわけで、西本さんのご意見も、私にはまだ少し理解できいないけれども、とても深い意味があるのではないかと思い、当分はこのことを念頭に置いて風営法を眺めてみようと思ったのです。
posted by 風営法担当 at 11:30 | 風営法一般