2020年07月20日

風営法の立ち入り権をコロナ対策で?

風俗店や劇場、立ち入り時に感染対策チェック 政府、風営法や食品衛生法活用検討
https://mainichi.jp/articles/20200719/k00/00m/010/133000c

こんなニュースがありまして↑

風営法にもとづく「立ち入り」について確認してみます。
以下は風営法から抜粋です。

(報告及び立入り)
第三十七条 公安委員会は、この法律の施行に必要な限度において、風俗営業者、性風俗関連特殊営業を営む者、特定遊興飲食店営業者、第三十三条第六項に規定する酒類提供飲食店営業を営む者、深夜において飲食店営業(酒類提供飲食店営業を除く。)を営む者又は接客業務受託営業を営む者に対し、その業務に関し報告又は資料の提出を求めることができる。

2 警察職員は、この法律の施行に必要な限度において、次に掲げる場所に立ち入ることができる。ただし、第一号、第二号又は第四号から第七号までに掲げる営業所に設けられている個室その他これに類する施設で客が在室するものについては、この限りでない。
一 風俗営業の営業所
二 店舗型性風俗特殊営業の営業所
三 第二条第七項第一号の営業の事務所、受付所又は待機所
四 店舗型電話異性紹介営業の営業所
五 特定遊興飲食店営業の営業所
六 第三十三条第六項に規定する酒類提供飲食店営業の営業所
七 前各号に掲げるもののほか、設備を設けて客に飲食をさせる営業の営業所(深夜において営業しているものに限る。)

3 前項の規定により警察職員が立ち入るときは、その身分を示す証明書を携帯し、関係者に提示しなければならない。

4 第二項の規定による権限は、犯罪捜査のために認められたものと解してはならない。
抜粋おわり


第二項で、「この法律の施行に必要な限度において、次に掲げる場所に立ち入ることができる。」
とあります。

これはつまり、風営法に関係がない理由で立ち入ることはできない、ということですが、政府が
「コロナ対策として風営法を使う方針だ」
と明言して大丈夫?
と余計な心配をしてしまいます。

風営法を改正して運用するならまだしも、現行法のまま風営法の立ち入り権を活用するのなら、一切公言せずに粛々とやればいいことなのに、記者会見で公表するなんて。

条例で許容される営業時間以外で営業していれば、公安委員会は風営法違反として行政指導も違反処分も行えます。

歌舞伎町でも夜1時過ぎに社交飲食店に立ち入れば、風営法違反でそれなりのことができます。

新型コロナで騒然としているこの時期に、時間外営業という違反営業が行われているとしたら、監督官庁が立ち入り権をより頻繁に行使しようとするのは当然のこと。

しかし、国が、「感染防止策を点検する」のための手段として「立ち入り権」の活用を検討する、なんてことをわざわざ記者会見で言うものでしょうか。

これでは現場の警察職員の方々にとって、とても迷惑なことだと思うのです。

違反があれば適正に対処するだけのこと。
この論理はコロナ騒ぎの前後で変わることではないのです。

世間へのご機嫌取りを気にして、結果的には余計なことをしてしまったのではないかな。

政策の中枢でどんなふうに判断が行われているのかを想像しながらこの記事を読みましたが、この記事に書いてあることが間違いだといいですね。
posted by 風営法担当 at 17:16 | 風営法一般