2020年08月27日

ソープ摘発は他人事!?

ソープ店の責任者ら逮捕
https://news.yahoo.co.jp/articles/f3608d20012aaf2df40fd2c593863ff5e2f90636

というニュースを見て、こちらの業界の方々は不安になったでしょうね。

こういうときは、ちゃんと考えねばなりません。

そして、以下は私の勝手な推測なので、あたりません。

法律上のストーリー

P業界とかもそうですが、「ソープ」という業種にもそれがあります。

そのストーリーを「ちゃんと信じていること

これは重要なことです。

そのストーリーがちゃんと存在していれば、サービスの現場でも、そのストーリーに沿った「風景」があるはずです。

ところが、どうしても時間が経過するにつれて、そのストーリーよりも、目の前の業務の効率化とか、お客さんへのサービスが徐々に優先されるようになってゆき、いつの間にかサービスの現場では、本来のストーリーと「矛盾する風景」が目立ってきます。

そうしますと当局としては、やるべきことをせねばなりません。

「取締りはちゃんとやってますよ」

ということもあるのですが、その「風景」をもどすために、ということもありえます。

「角海老グループ」は関東一円に店舗展開しているところですね。

これで業界が終わりになるのでは!?

ということではなくて、

基本をもう一度確認してよ。

というメッセージで摘発が行われることがあります。

来年、東京オリンピックですからね。開催するかわからんけど。

これは、定期的に起きて来た現象です。

P業界にとっても、他人事ではないですよ。

風景を再確認できますか?? そもそも、風景がどうあるべきかを知っていないと。。。。

経営者の皆様。広告規制みたいな、細かいところばっかり気にしていたら危険ですよ。
posted by 風営法担当 at 10:29 | 性風俗業界