2020年09月07日

給付金むさぼる悪い奴ら

<給付金むさぼる悪い奴ら>
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200905/dom2009050003-n1.html

というニュース記事を見まして、そりゃそうだ、と思ったので忘れないうちにここで。

風営法の規制を受けるから届出をする。それで規制業種であることが確定する。

それで世間様にとっては、「いかがわしい業種なんだな」となります。

ところで、「いかがわしい仕事」ってなんだろう。

道徳上よくない。みたいな意味なんですかね。

その一方で、「いかがわしい実態はあるけど、許可も届出もしていない業種」があって、そういう業種は、建前が普通の飲食店だったりエステだったりする。

そして給付金もいただける。こういう店舗がけっこうあるんですね。

どうせ実態がない事業者にたいしてたくさん支給されているでしょう。

書類を偽造して給付を受けたら犯罪ですからね。ちゃんと取り締まってほしいです。

ともあれ。
正しく届出したら給付を受けられない。あいまいで脱法的な店なら給付される。

これは今の制度では仕方のないこととは思います。

風営法が悪いわけでもないし、給付する行政側も完璧な審査はできないし。

でもですね。また新しいインフルエンザが登場したら、もう繰り返さないでいただきたい。

今回の給付制度の問題点はきっちり未来に生かしてほしいです。
posted by 風営法担当 at 12:52 | 風営法一般