2021年01月25日

ガールズぱちんこは法的にはありえる!?

☆☆☆ツイッターはじめました!☆☆☆
https://twitter.com/lOlArsAliZbJfPO


最近、ぱちんこ店が発信するSNS、特にTwitterにおいて、アイドル化した女子店員さんの活躍が目覚ましいですね。

内容が徐々に、妙に、苛烈になっているような気がしなくもないですが、店員さん目当てで来店するお客さんでも来ないよりはマシ。

とは言え、そういうお客さんがどれだけ打ってくれるのか。
はたまた、客としてのマナーはいかがなものなのか。

そういった不安はありますが、風営法全般を見ている私のような者にとっては、こういった方向性での試みを新鮮な気分で眺めております。

そもそも風俗営業の主役は「社交飲食店」であり、女性接待スタッフです。
私にとってパチンコはほんの一部分。

接待(接客ではなく)サービスが遊技場ではタブーなのかと言えば、法的にはそうではありません。

多くの条例において「ひわいな行為その他・・・」という条項がありますが、これは社交飲食店にも適用されているので、ぱちんこ店の接待を禁止するのとはちょっと違います。

条例はともかく、風営法の中では、ぱちんこ店で女性が接待してはいけない、という条項はみあたりません。そもそも、ぱちんこ店は食品衛生法の飲食店許可を必要としないので、店内で接待をしても、飲食を提供していない限りは「社交飲食店」には該当しないと。

つまり、風俗営業の許可がなくとも接待営業はできてしまいます。

で。「接待とは?」となりますが、お客さんの横に座って「歓楽的雰囲気」を醸成しながら遊技方法を指導したり、大当たりのときに一緒に騒いだりしたら、一応「接待」と言えなくもないですが、目押しを代わりにやったりしない限り、それは違法とは断定できないわけです。

もしそんな<サービス?>いや、女性スタッフを目当てにお客さんが来るようになったら、それはバー営業における「ガールズバー」のようなものです。

言うなれば「ガールズパチンコ」。

では、遊技料金のほかにサービス料や指名料を店が受け取ってもいいのか。

遊技結果に無関係であれば、風営法的にはダメな根拠がないと思うのです。

もしこれらの発想に間違いがあったときは、この記事はそおーっと消してしまいます。

ご興味のあるホールさんからのご連絡をお待ちしております。。。まあ、ないでしょう。

誰かツッコミいれてください。

☆☆☆ツイッターはじめました!☆☆☆
https://twitter.com/lOlArsAliZbJfPO
posted by 風営法担当 at 20:45 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場