2021年01月28日

旧規則機に対する警察庁の考え方:講話を読んで(2021年1月末)

☆☆☆ツイッターはじめました!☆☆☆
https://twitter.com/lOlArsAliZbJfPO



1月26日付の警察庁課長講話です。

遊技機撤去問題に対する警察庁の基本姿勢がうかがえるので、重要部分を忘れないうちにメモとしてこちらにアップしました。

<以下抜粋>

・・・・・・・・・・・・
昨年の規則改正の経緯については、昨年の本会でお話したとおりであります。
新型コロナウイルス感染症の影響により、遊技機の部材調達が困難化するなど、新規則機への入替を予定通り進めることが困難となり、また、入替作業等に伴う感染拡大の防止を図る必要があるという業界の事情があった。

一方で、社会一般の視点からは、射幸性の抑制という命題が後退したと受け止められてはならず、また、撤去期限がそのまま後ろ倒しになり、経過措置期間満了間際になって撤去が集中する等の事態を避ける必要があるという問題があった。

これらの問題の解決に向けて、業界団体の幹部の皆様と議論をしました。これは、ぱちんこホールだけの問題ではありません。

期限を延長すれば、当然、遊技機メーカーや販売会社に大きな影響が出ます。両団体におかれては苦しい判断であったとお察しします。しかし、それでも、この危機を業界全体で力を合わせて乗り切ろうということで、6団体から撤去期限延長の要望がありました。

そこで、業界団体による旧規則機撤去の取組に対する信頼をベースに、入替を分散化して計画的に行うための規則改正を行ったものでした。


(1点目は、遊技機の廃棄方法につき抜粋せず)

2点目は、ぱちんこホールにおける旧規則機の取扱いについてです。

旧規則機の撤去期限の延長に伴い、旧規則機の設置が相当長期になっているホールがあります。

ご承知のとおり、ある遊技機が、経過措置期間内にあったとしても、経年劣化による故障等により、法令上の基準に適合しなくなり、その状態で設置し続けていれば、法令違反となります。

一方、部品交換等をするにしても、正規に部品調達ができない等として、承認申請等の手続きを経ることなくこれを行えば、無承認変更等として法令違反となります。

いずれも重い処分の対象となりますので、くれぐれもご注意ください。

なお、新規則機については、遊技機メーカーにおいて開発努力が続けられています。
当庁においても、射幸性を上げることに繋がるものではなく、魅力ある遊技機作りが可能となるよう、多彩な演出やゲーム性を高める内容の要望については、前向きに対応しているところです。

また、昨年より、当庁と日工組、日電協の方々との間で話し合い、指定試験機関の試験枠を臨時増設しているほか、両団体内でも型式試験の適合率を高めるための対策がなされています。
遊技機メーカーによる引き続きの努力に期待します。
・・・・・・・・・・・

以上抜粋おわり

全体の文量の割合からすると、メッセージの大半はコロナ対策と遊技機問題であり、内訳はほぼ半々といったところです。

重要な課題ほど発言の順序が後ろになることを考えると、主要案件は遊技機撤去問題となります。

解説はいずれメルマガにて。

☆☆☆ツイッターはじめました!☆☆☆
https://twitter.com/lOlArsAliZbJfPO

posted by 風営法担当 at 11:19 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場