2021年10月22日

「もっぱら」の意味を考えさせるニュース まんだらけ書類送検

「まんだらけ」を書類送検 禁止区域で風俗営業の疑い
https://news.yahoo.co.jp/articles/6463269f85fed20e0d133e314df24773d755747b

「まんだらけ」というのは詳しくは知りませんが、アダルト系のDVDや雑誌などを販売している店でしょうか。

それが風営法における店舗型性風俗特殊営業を禁止区域で営業した、という容疑で摘発されたそうです。

風営法2条6項の5号にあたるかな。
「店舗を設けて、専ら、性的好奇心をそそる写真、ビデオテープその他の物品で政令で定めるものを販売し、又は貸し付ける営業」

店舗型性風俗特殊営業を行うには公安委員会への届け出が義務となりますが、条例で指定された禁止区域では営業できないので、届け出しても不受理扱いとなります。

立件された店は風営法に基づく営業開始届をしないで営業していたということで、そういうアダルトショップは結構多いです。

この会社はマザーズに上場しているんですよね。なのに警視庁から何度も警告を受け、近隣住民からの苦情も出ていたとなると、経営上重大な問題がある会社だと思ってしまいましたよ。

こういった店舗は「店舗型性風俗特殊営業ではない」という前提で営業をしています。

アダルトDVDを販売していながら、なぜ風営法の規制を受けないことにできるのか。

それは「専ら(もっぱら)」という言葉がポイントです。

アダルト系商品の設置割合が「専らではない」程度であれば風営法の規制対象とならない。

これはつまり、割合の問題です。となると、最初は「ほんのちょっと」だったものが、徐々に割合が増えて、いつの間にか「専ら」になり果ててしまっている、ということはありえます。

このニュースの案件は、単純に割合の問題ではなくて、背景には取り締まりを受けてしまう(警察が摘発したくなってしまう)特殊な事情があったのだろうと、なんとなく推測してしまいます。

一方で、「もっぱら」は重要だ。という教訓ともなりそうな事例です。

最後に。

このニュース記事のタイトルの「禁止区域で風俗営業の疑い」は間違っていますね。

この営業は「風俗営業」ではなくて「店舗型性風俗特殊営業」です。
posted by 風営法担当 at 15:07 | 性風俗業界