2021年11月08日

風営法の規制を受ける経営者が見落としてしまうこと

前回のブログで触れた「まんだらけ」の書類送検のニュースですが、その後、事業者の公式サイトにおいて見解が述べられています。

https://www.mandarake.co.jp/information/customary/211025/index.html

これを見て私が気になったのは、「応援のメッセージ」がくっついていること。

「H系なんて他のお店もいっぱい扱っているのに何故まんだらけだけ?と思いました。不公平感が拭えません。」

という<応援者>のコメントをわざわざこのようにして引用していることから、経営トップの方は、摘発されたことについてまだご不満があるのだろうな、と想像しました。

確かに、風営法を厳密にあてはめたら、違法な店舗はたくさんあります。

しかし、それは「まんだらけ」と同種の業態に限りません。

これは私の「感触」にすぎませんが、世間一般の皆さんが想像するよりもずっと多くの「違法営業」が様々な業種で存在しています。

「ならば、どうしてウチだけが?」

と考える経営者はたくさんいます。それは、自分が摘発されたから、そう思うんですね。

そして、取り調べを受けたときにも、そういう発言をして、近隣同業者のことも話す。そして警察が他の違法店の情報をキャッチして、その近隣の同種の店舗を一通り摘発する。これがよくある<展開>です。

しかしですね。この摘発はそもそも、どういう背景で起きたんでしょう。

よくある話として、近隣住民からの苦情が多かったとか、隣近所に迷惑をかけていたとか、そういうことがあると、地域の風俗環境に対して責任を持つ警察署の立場として無視できなくなります。

だから、やるべきことをやらねばならない。そうでないと、地元の市民から「頼りない警察」と思われてしまいます。

だからこうなった。と私は勝手に想像するのですが、もし私の想像と同じ認識をしていたとしたら、こういった「不満」を会社として公式に表現するものかな。

なにか大事なことを見落としているのではないか。または、そのことが経営トップから理解されていない。またはそのことが部下や専門家からトップに進言されにくい組織ではないか。いやでも、上場企業ですよね。

なんとなく、そんなことなどを心配してしまいました。私の想像ははずれているかもしれませんが。
posted by 風営法担当 at 13:06 | 性風俗業界