2021年11月25日

不思議な言葉使いについて思う

雇用環境整備士?

弊社のfaxにそんな資格の広告が入っていたので、なんだろう?と思いました。

資格であることはわかりますが、「士」の字が使われている。

これは一般的に国家資格を連想させます。少なくとも何らかの法令に基づいた資格だろうか。

でもふつう、まともな資格なら一方的にfaxを送りつけてくるとは思いにくい。

ネットで検索しますと、「一般社団法人雇用環境整備機構」という団体のサイトがありました。

「なあんだ、一般社団か」と思ったわけですが、知らない人は、なんとなく公益法人みたいなものを連想してしまいがちです。

ま、一般社団でもまともなところはたくさんあります。日遊協だって一般社団法人です。

でも、一般社団法人をつくるのはそんなに難しくないですから、中身をちゃんと吟味しないと、変なのも紛れているかもしれません。

サイトを見たところ、何か法令に関係した資格と言えそうな情報は見かけませんでしたが、よく見れば、この団体の説明として

「職場環境を整備することで育児・障害・エイジレス雇用の促進増大を目指す公益的支援団体です」

と表記されています。

「ん?公益的支援団体!?」

「公益的」ってなんだろう。

よくわかりませんが、すでに1万人近い資格者がいるのだそうです。

別にそれが悪いことだとは思いませんが、不思議な表現をなぜ使うのでしょうかね。

まあ、世の中にはほかにも不思議な言葉の使い方ってありますけれどね。

民間企業なのに「面接官」っていうけど、「官」なら公務員ですよね。

「Gメン」の「G」はgovermmentのGだから、これも本来なら国家公務員でしょうけれど、なぜか「スーパーの万引きGメン」とかいうわけのわからない肩書があります。

一方で、ガサ入れ中の警察官のことを「捜査官」と呼ばず「捜査員」と言ったりする報道もあります。

あやふやな言葉をうまく生かしてビジネスに応用する人たちもいるんでしょうかね。

雇用環境の整備。頑張ってくださいませ。
でも、「士」の字の使い方には違和感を覚えましたよ。
posted by 風営法担当 at 18:52 | コンプライアンス総合