2011年09月28日

行政解釈のばらつき

 今年6月に出た解釈基準見直しの関係で、行政の対応の様子についていろいろ話を聞くようになってきました。
書きたいネタはいろいろありますが、見直し等に関連してセミナーや調べごとが増えてしまい、最近こちらでの書き込む時間がとれなくなってきました。

さて、警察庁発出文書のどこかには「全国一律」とか書いてあったような気もしますが、意図されてか、又は伝言ゲーム的な宿命か、すでに一律は崩れている部分が見えます。
原則として警察庁の文書を基準にして解説している私としては、「ここは警察庁の、ここは都道府県の」といちいち解釈元を区別して説明しています。そうでないと、ホールの置かれている状況が理解できないだろうと思うからです。

行政解釈のばらつき。。。
その例をあげるとキリがありませんが、ひとつ例をあげてみると。
ある都道府県では、「目押しや固定ハンドルを禁止する文言を店内に表示してはいけない」という見解が出ていたそうです。その理由として、「目押しや固定ハンドルがNGなのは明らかなのに、殊更に禁止を表現するのはオカシイ」という趣旨のようです。

一方で別の都道府県では、行政の立入りの際にハンドル固定していたのを発見され注意された際に、「目押し・固定ハンドルを禁止する表示をするように」との口頭指導があったということです。
こういった指導というものは、必ずしも正式な口頭注意や通知の形をとっていないことも多く、組合発出の回答集といった方式で適用されてゆくものもあります。

つまり、全く逆の指導が出ていると言うことですが、これは現象として仕方のないことだと思います。
どちらの指導についても「なるほど」と思える理由があるわけです。
法令解釈というものは判断のさじ加減によって結果がこのように正反対となってしまうことはあるし、これを是正するためにどうすればよいのか私にはよくわかりません。
風営法が持つ制度上の特徴ゆえの宿命みたいなものではないかと、現段階では考えています。

こういう状況もあって、ホール側からはより具体的な指導を求める傾向が強まって行きます。
本来、ホール側にとっては法令の趣旨をよく考えて柔軟に判断すればよいのですが、現実にはそれで済むことではないとも言えます。
どうしても行政の顔色を日々うかがいながら対応せざるを得ない現実があるわけです。

ですから、「白黒はっきりしてくれ」という期待は持たない方がよいのです。
ホールがどんな営業方法やアイデアを思いついたところで、リスクはゼロではないし、それでもやってゆく工夫と覚悟をしっかりやってゆくことが現実的なのだと思います。




posted by 風営法担当 at 09:15 | TrackBack(0) | パチンコ・ゲームセンター・遊技場
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48758744

この記事へのトラックバック