2009年09月04日

神奈川県警の行政処分件数

先日、神奈川県警本部さんに過去3年の行政処分件数を教えてもらいました。



メモをなくしたら数字がわからなくなってしまうので、このブログに掲載しておこうと思います。



別に秘密にすべき情報でもないそうですので。





神奈川県警での風適法による行政処分件数







    許可取消  営業停止  指示処分



H18年  83     24     1038



H19年  41      7        1077



H20年  22     14      945



平成18年が突出して件数が多いのですが、これは警察庁から取締り強化の指示があったからだそうです。



たしかにそのころから取締りの質がガラっと変わりました。

それまでは無許可営業のスナックが堂々と営業していましたし、深夜酒類提供飲食店の届出だけでクラブ営業をしている店も珍しくありませんでした。



とあるセレブなクラブのママさんが無許可営業だったので許可について教えてあげたところが、「風俗営業の許可なんかとったって意味無いじゃない」って笑われたことがありました。

今では考えられないですけど。



1年前は一昔。ホントにそう思いました、その頃は。。。

しかし、その頃から風俗営業の業界は逆風が続いています。

いつか日の出が見えるときがくるのでしょうか。


posted by 風営法担当 at 08:43 | TrackBack(0) | 風営法一般
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48785194

この記事へのトラックバック