2009年10月28日

そろそろ危険 「営業所の範囲」も広く確保した方が有利

保育所や幼稚園を増設しようとする動きがあります。

認可設備基準や建築基準法など関連法令の改正によって、近い将来に駅周辺など商業地域にも設置しやすくなると思われます。

当然ながら風俗営業の新規出店の障害となりえます。



すでに許可を持っている風俗営業者でも安心はできません。

もし営業所建物を増設したい場合には、すでに許可条件がついている場合に拡大ができない場合がありえるからです。



営業所の拡大の際に問題となるのは、その営業所の範囲がどこまでかと言う点です。

これが「営業所床面積」と混同されやすいのでご注意いただきたいです。



たとえば風俗営業許可取得後、営業所の近隣に幼稚園が設置されたとします。

その営業所は既得権を持っていますから、相変わらず営業を継続できますが、もし営業所の範囲を拡大するとなれば話は変わります。

つまり幼稚園が存在する方向に向かって拡大できないおそれがあるということです。

これは許可条件の内容にもよりますが、条件は許可交付後でも付与できてしまうので、今現在許可条件が無いからと言って安心できることではありません。



そして問題は、その営業所の範囲がどこまでか、ということがそのホールで認識されていない場合がとても多いということです。

多くのホールでは「営業所床面積のことだ」と勘違いしていますが、「営業所の範囲」とは、その営業のためにもっぱら利用されている部分のことであり、客室、通路、更衣室などはもちろんのこと、駐車場や庭、生垣や植え込み等も包括して営業所の範囲に含めることができます。



ただし、その営業所の範囲は風俗営業許可審査において必ずしも明らかにされているわけではなく、行政は近隣に保護対象施設が無い場合には、どこまでが営業所の範囲であるかをあまり意識しないで審査されている場合もあって、後でややこしい話になることがあります。



風俗営業許可申請時には「営業所付近の略図」というものを提出しますが、これは近隣の保護対象物との関係を示し、風適法令で定められた「場所の基準」を満たしていることを示す資料なのですが、この略図の中で営業所の範囲を明確にしめしているのか、あいまいに記載されているのかということも気になりますし、専用駐車場が付属しているのに営業所建物を基準に、つまり実際より営業所の範囲を小さく解釈して許可を受けている場合もあり、略図そのものが紛失している場合もあり、その後の構造変更によって営業所の範囲が拡大していることもあります。



いずれにせよ、建物の床面積とは別に、「営業所の範囲」という概念を意識することが非常に重要であって、もし将来において幼稚園や保育所が近隣に設置された際には、その「営業所の範囲」が既得権の範囲なのですから、その範囲を行政に提出する資料によってあらかじめ明確にしておかないと、その既得権の範囲についてもめてしまうおそれがあります。



ですので、構造変更などの機会をとらえて、なるべく広く「営業所の範囲」を確保する手配をしておくことをおすすめします。

そうすれば、将来営業所を拡大したいときに不安を感じないで済むかもしれません。



ただしひとつご注意いただきたいのは換金所等の問題です。

営業所の内部に換金所を取り込んでしまうと換金行為への関与を示唆することになりかねませんので、これは慎重な判断が必要です。

いずれ換金問題も重大な問題になるでしょうから、今のうちに改善しておくことをおすすめしますが、闇雲に営業所を拡大すればよいとも言えません。

その営業所の状況をふまえて柔軟に判断していただきたいと思いますが、保護対象施設が設置されてしまった後では選択肢がかなり減りますので、「ウチはまだ大丈夫」と思っている間に考えなければなりません。



hino
posted by 風営法担当 at 09:26 | TrackBack(0) | パチンコ・ゲームセンター・遊技場
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48785204

この記事へのトラックバック