2010年07月29日

風俗営業における従業員の年齢確認

言うまでも無いことですが、接待営業の許可を受けている営業所では、18歳未満の者に接待をさせてはならないことになっています。

そして、従業者を雇う際には必ず生年月日等を確認して、18歳未満の者を雇うことが無いよう注意しなければなりません。

その際には、住所、氏名、本籍、国籍、生年月日等を証明する公的証明書を提示させて確認し、その証明書のコピーを従業者名簿とともに保存する義務があります。

これらの証明書類を保存することには、年齢確認について過失があったかどうかを判定する意味があります。



たとえば17歳の少女が姉の運転免許証を提示しつつ自分が18歳であると主張していた場合に、それを知らない営業者がだまされて17歳の少女を雇用してしまったとしても、その運転免許証のコピーが保存されていて、その営業者が確かにだまされていたのであろうと想定されるのであれば、17歳の少女に接待させてしまったことについて「過失がなかった」と考えることができます。



言い換えれば、「私はだまされたんです」と主張してみても、それを裏付ける証拠が無い限りは「少なくとも過失があった」ということになり、風適法違反の罪に問われることになります。



一般的に犯罪が成立するためには実行者の「故意」が立証される必要があります。

ところが風適法では、18歳未満の者に接待させてしまった場合には、その従業者の年齢を知らなかったという言い訳はできないことになっていて、例外的に、その営業者に過失が無いことが証明できた場合には罪を免れることになっているのです。



従業者名簿の作成管理は、営業者が万が一18歳未満の者に接待させてしまった場合に、その過失が無かったことを立証するためなのであって、本来は営業者の身を守るために行うのだという点をご理解いただきたいです。



第五十条  次の各号のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役若しくは百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

1 (省略)

2  第二十二条第三号若しくは第四号(第三十二条第三項において準用する場合を含む。)、第二十八条第十二項第三号、第三十一条の三第三項第一号、第三十一条の十三第二項第三号若しくは第四号又は第三十一条の十八第二項第一号に掲げる行為をした者は、当該十八歳未満の者の年齢を知らないことを理由として、前項の規定による処罰を免れることができない。ただし、過失のないときは、この限りでない。



さらには、従業者名簿の不備は指示処分の理由としてもっとも割合が多いので、万全を期して作成管理していただきたいです。

たとえば、本籍地欄が空欄だったというだけで指示処分が出ることがあります。

従業者を雇用した際には、労働させる前に名簿を完備してください。

来客が多くて人手不足になったときに、系列店から急遽従業員を派遣したところ、たまたま警察の立ち入りがあって行政処分を受けてしまったということはよくあります。

また、退職後3年が経過してないのに名簿を処分してしまったというミスもあります。

たとえば、19歳の少女が薬物事犯で立件され、薬物購入費の出所を調べたところ、17歳のときに社交飲食店で働いていたことが判明した、というケースであれば、その少女が退職して3年が経過していないので、もし店で従業者名簿を保管していなかったとしたら非常にやっかいなことになるかもしれません。



このような現実がありますので、従業者を雇う際には年齢について確認し、名簿を作成管理し、退職後3年間は保存し、書類に不備が無いかどうか定期的にチェックしなければなりません。



H
posted by 風営法担当 at 09:51 | TrackBack(1) | 2号社交飲食店の法令遵守のポイント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50136868

この記事へのトラックバック

『半身おもちゃ』エロ漫画のネタバレ無料はココ!
Excerpt: さいこさんの『半身おもちゃ-身動きの取れない女の子を弄んで…』を読んでみました。 こちらの作品は、いろんなお話がギュッと詰まったオムニバス形式のエロ漫画。 なので、女子高生だけでなく、女子大生や人妻な..
Weblog: 【女子高生エロ漫画の新作情報はこちら!】
Tracked: 2019-10-16 16:32